FC2ブログ
2014 / 11
≪ 2014 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2014 / 12 ≫

yahoo旅日記の再編集( ..)φ
時系列的にはコチラの続きになります。本編は一旦置いといて…



屈斜路湖から網走監獄に向かう道中、寄り道したのは道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠



美幌峠から見える屈斜路湖は…

摩周湖同様、見通しが悪かった…


風で自分の身体が飛ばされるかと思った…という位の暴風
でした

自分の力で踏ん張らないとどうにもならないというか、危険
でした。。。


この頃には雪に



お~い、今はGWだぞ~冬じゃなくて春のはずだぞ~!!


でもね。雪が降ってて、さらに暴風だと言っているのに…熊笹ソフトは外さない!

味は抹茶ソフトに近いです。美味しいと思いますよ



そして、この時の相方の目は語っていた…
「お前、寒いというくせに、この暴風の中、それでも食べるのか!?マジでアホか!?」
そんな気持ちが溢れ出てました


でも、それがあざらし

とはいえ年々大人しくなっていってるので、今ならさすがに控えるかもしれませんね!←ホントか



そんな訳で、本編はまたのちほど



スポンサーサイト



yahoo旅日記の再編集( ..)φ
時系列的にはコチラの続きで、旅行記本編としてはコチラの続きになります。


標津サーモン科学館から摩周湖へ向かったあざらし達。
そして摩周湖第一展望台で見た景色は…



霧の摩周湖、じゃなくて霧過ぎる摩周湖。かろうじて湖面は見えますが、一体何が何やら??
北海道好きのあざらし両親に聞いたところ、2人は「何度も行っているが霧の摩周湖は見たことない」とのこと。いっつも快晴なんですって!それはそれで珍しい気が…
どうやら親子で足して2で割ると丁度良いみたいです。
そしてこの時は霙



ちなみに摩周湖は…
弟子屈町にある日本で1番透明度の高いカルデラ湖で、バイカル湖には劣るものの世界第2位の透明度を誇ります。
注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位はいつも変わらない不思議な不思議な湖で、湖水は不純物をほとんど含まず、その独特の深い青は摩周ブルーと言われています。
…だから、あのジェラートやソフトは摩周ブルーと名付けられていたのね。ネタ的にも食べときゃよかったーーー




ちなみに弟子屈町の観光サイトより抜粋すると「
湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2㎢、最深211.4m。湖の周囲は300~400mの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度」だそうです。



一応目的のモノは見たので、とりあえず屈斜路湖に向かおう。と言いつつ、即刻寄り道の硫黄山





Wikiによると、屈斜路カルデラの中にある活火山とのこと。
火山から出る硫黄成分のため山麓周辺部の土壌は酸性化しており、一般に広く見られるエゾマツやトドマツが生育できないため、荒地に適応したハイマツや酸性土壌を好むイソツツジが優勢なんだとか。
7月初旬にはイソツツジ群落の一斉開花が見られるとのことなので、機会があればその季節に立ち寄ってみたいですね


摩周湖第一展望台との共通券があり、硫黄山駐車場、摩周湖第一展望台を1回ずつ利用できます(2日間有効)。
川湯温泉の近くです。ちなみにこの時は雨。霙よりマシか…?


そして屈斜路湖へ。



コチラは湖畔にある露天風呂・コタン温泉。
ちょうど外国人男性と日本人女性が入っていたので遠くからの撮影に留めました。寒いし雨も降ってるのでさすがに入りませんでしたが、次は入りたいですね


屈斜路湖畔には無料露天風呂多数ありますよ




さて、我々の目的は昼食。
コタン温泉そば、アイヌ料理の丸木舟にて…


何にしようかな
っと。


相方は野生丼(エゾシカ肉、¥1260)


あざらしはほとんど満腹状態だったのでポッチェセット(¥525)を注文。

ポッチェとはジャガイモを発酵させたアイヌのお菓子です。ほんのり甘味があるをコブ茶で頂きました

GWなのに「ひょっとして冬なんじゃ?」ってくらい寒かったから、お茶が美味いこと

生き返る~


実はココ、温泉宿でもあり共同浴場もあるんです。機会があればコタン温泉とともに入ってみたいです


そして近くの民俗資料館にも寄りたかったのですが、天気が悪かったこともあり今回は素通りしてしまいました。


峠越えるし天気が心配だから、ココから先を急ぎましょ!
2日目最後の観光先・網走監獄へ




yahoo旅日記の再編集( ..)φ
時系列としてはコチラの続きとなります。本編より
を先に…笑


標津サーモン科学館から摩周湖に向かう途中、というか、あとちょっとで摩周湖のところにある摩周湖のあいす
バッチリとガイドブックに載っていますので、特に迷いません。私はガイドブックの該当ページを見てなくて、看板を見て立ち寄りました。

摩周湖第一展望台へ向かう交差点の手前、こんな外観のお店です。

イートインスペースもあります。

HPはコチラ
常時20種類のジェラートやソフトクリームが揃っているんだとか

人気は摩周ブルー
全国有数の透明度を誇る摩周湖の湖面をイメージして作ったそうです。
ジェラートは弟子屈町産の牛乳を使い、薄いブルーは2種のリキュールをブレンドしてさわやかな色合いに仕上げたんだとか。甘さ控えめの自然な味わい、とのことです。


我々ひねくれているので、その人気の摩周ブルーを無視して…
相方は特濃ミルクソフト、あざらしはじゃがいもジェラートをチョイス。



じゃがいもジェラート、結構美味しかったです


さて、摩周湖第一展望台にもソフトクリームがありますよ。
30分前に食べたばかりなので撮影だけにとどめましたが…(超寒かったし

)

こちらにある摩周ブルーソフト(¥300)
説明を見る限りでは、摩周湖のあいすで売られているジェラートとほぼ同種のようです。ジェラートとソフトの違いくらい

摩周湖は間違いなく再訪するので、その時にでも食べます。待ってろよ、摩周ブルー!


本編はまたのちほど

yahoo旅日記の再編集( ..)φ
コチラの関連記事です。

釧路市動物園から養老牛温泉に向かう道中、大きく寄り道。
あれだけ寒くて動物園に集中できなくて、、、と言いながらも食うもんは食う!それがあざらし!!

NPO法人のんき村
@厚岸町の
掘りたてアイスtantan (炭譚)




『釧路炭鉱 釧路コールマインでは、太平洋沖の海底下320メートルの地点で石炭を採炭しています。 それをイメージして作られたのがこのアイス』だそうです。
通称・石炭アイス。
他にも種類はありましたが、一番ネーミングに惹かれたのでこれを選びました。

やくみつる、お勧めな
んだとか。


以下の写真の通りです
が、
『上は太平洋をイメージしたソーダ味、真ん中は海底の地中をイメージしたコーヒー味、下は太平洋の海底炭をイメージした胡麻味』だそうです。



お味の方ですが…説明そのままです。



ソーダ味とコーヒー味とゴマ味!
組み合わせ的に「どーなのよ!?」と思いましたが、なかなかの美味でした!
たまたま寄り道しながら通り掛かっただけなのですが、思わぬ拾い物って感じでした



通販でも購入できますよ



yahoo旅日記の再編集で、コチラの続きです( ..)φ

【2日目】
本来であれば、朝から「摩周湖→屈斜路湖→美幌峠経由→網走監獄orオホーツク流氷館→塩別つるつる温泉」と進む予定でした。
しかし、1日目に予定していた標津サーモン科学館に行き損ねているのです。
今回の旅のコンセプトが、初めての場所を巡りつつ、『円山動物園でホッキョクグマの赤ちゃんを見る』である以上、行かねばならないのですよ。初めての場所に!


じゃ、行こうじゃん。標津サーモン科学館へ!

そんな訳で8時半、養老牛温泉を出発。大幅な遠回りですが、カッ飛ばしたため思ったより早く到着。



結構立派な建物なんです。前日の釧路市動物園同様、勝手な思い込みでもっとショボイと思っていたのでちょっとビックリ!入館料¥610

入口のマットにも書いてある通り、サケの水族館!

幻の魚・イトウもいます。


大水槽には幻の魚・イトウをはじめ、沿岸で獲れる魚が展示されています。

8~11月にはシロザケ・カラフトマスの群泳が見られるそう。
というのも、この水槽のシロザケ&カラフトマスは標津近海から直送されてくるのです。
展示期間は、以下の通り。
シロザケ:8月上旬~11月下旬
カラフトマス:7月中旬~10月中旬


この他にアメマスもいましたよ。


そうそう、魚道水槽なんてものもありました。

お隣りの施設からサーモン科学館を経て、標津川に辿り着く訳ですね!

GW期間中、シロザケの稚魚が展示されていました。


館内にはいくつかクイズがあったり、パネルの他にPCやデジタルフォトフレーム等で館内紹介のようなことも行なっていました。



川の広場では、イトウコーナー等、世界のサケ科魚類を展示しています。

これはイトウ。



ウヨウヨいると有難みがなくなりますが、これでも幻の魚です。




食べ過ぎで死んじゃう魚って一体…って感じですよね(;一_一)


さて、サケの水族館だけど、サケ科魚類だけがいる訳でもなく(ほとんどがサケですが)、フサギンポもいます。



そして、チョウザメ!


指パク体験、ビギナー用水槽。

あざらしはこのビギナー水槽に気付かず、レギュラーサイズのチョウザメにガブリとパクつかれ…
(チョウザメ1枚目の写真がレギュラーサイズ)
チョウザメには歯がないので安全です、と書いてあるものの…おいおい、それなりに痛いって!という訳で、小さなお子様連れはビギナー用をお勧めします。確かに危なくはないですが、勢いはあるので



ちなみに何故チョウザメがいるのかと言うと…

標津近郊に生息しているからですよ!!根室海峡で年間数匹単位で網に掛かるそうです。
こちらの水槽のチョウザメはキャビアをとるために北大と共同で養殖試験を行なっているのです。標津町にはシロザケの加工場が多数あり、頭や内蔵等の廃棄物をお金を払って処理しているのですが、その廃棄物をチョウザメに食べさせて大きくしちゃえっていう計画だそうです



サケ類の稚魚コーナーもありました。


これはちょっと大きいな…


丁度、職員の方が作業中でした。

サケには色々種類がありますが、稚魚の段階ではあまり見分けがつきません。少なくともあざらしには見分けがつきません



期間限定の展示もありました。







クイズもあったり、案外楽しめました。


それにしても、ココはパネルや標本を見るだけでも十分価値がありますわ。









水族館としてはものすごく地味です。でも見応えはあります。


天気が悪かったので展望台からの景色は微妙でしたが、晴れてると知床連山や北方領土国後島も見えるそうです


標津は知床への玄関口。
放流体験、人工授精、解剖実習etc、教育活動がとっても楽しそうです。もし興味があれば知床のついでにぜひ立ち寄ってみて下さい



コチラの標本が待ってます。



先週は御殿場高原 時之栖のイルミネーションにお邪魔!!

今週はつま恋サウンドイルミネーションへ!!
昨年も出掛けています(昨年の様子はコチラ)。


今年の入場料は¥800でした。
そして菊川でジェラートを食べてから出掛けたので、結局今年も北ゲートからの入場。
メイン会場からの観賞と相成りました。

た~くさん写真を撮ったので
、抜粋しつつ、結構たくさん載せちゃいます







たまたま居たスタッフに撮ってもらいました



コチラはホテルをバックに






サウンドイルミネーションなので、曲に合わせてイルミネーションが変わります。
大人しめな曲の時は変化もユックリなのですが、激しい曲の時は目がチカチカ





今年も展望台から撮ってみましょう!!





あれれ、昨年は展望台からト音記号
の全貌が映らない??


って訳で、多少のエレベーター渋滞がありますが、ホテルの屋上展望台から見ちゃいましょう

見えた~~


!!







様々な表情があって面白いです


















ト音記号
のクルッとしてる部分に2014の文字が

今年は芸が細かいですね~

展望台は常に満員(30人程度)で、各人7分間までって書いてありました。
この日は穏やかな日で、長居する人が多いって言ってました。
時間測られてる訳ではないので、その気になればじっくりユックリ見られますよ









じゃ、南ゲート方面に向かいましょう










小さなトンネルがあったり、今年はちょっと豪華になっていました



一旦南ゲートまで行ってから、HIKARI-FUJI方面に戻りましょ








さて、もう1つのメイン・HIKARI-FUJIは…








そう、今年は中に入れるんですね~

中に入ったから何だという訳でもなく、、、
これに関しては昨年の方に軍配が上がりますね


って訳でメイン会場に戻りますっ


















なかなか綺麗に撮る技術が身に付きません

もっとキラッキラ

に撮ってみたいんだけどな!!



ちなみに今年のプロジェクションマッピングは室内。間違いなく昨年の方が素晴らしかったです



でも、メイン会場は今年も素晴らしく





兎にも角にも、今年も素晴らしいイルミネーションを見させて頂きました


それにしても11月中に出掛けて正解でした

やっぱり12月中旬以降は寒くなるし、皆さんがクリスマスモードになり、きっと人も増えますからね



よ~し、来年も見に行くぞっ

あざらし、1ヶ月程前から気になってた店がありました。
でも決して近くはないので、何か用事がないかと心待ちにしてたんです。

で、本日ちょっと掛川市某所に出掛けるついでに寄ってみました


菊川市にあるジェラテリア コルリオーネ!どうやら2014年春にOPENしたばかりらしいです♪

オサレな店内で食べることも可能。夜だし寒いので当然店内で!



あざらしはキウイアップルロゼのダブル(¥420)。
おまけのワンスプーンはクリームチーズ

キウイは地元農家さんの「香緑」を使用とのこと。味が濃くて程良い酸味のソルベにノックアウト

アップルロゼは甘酸っぱいリンゴを赤ワインで煮詰めたコンポート!
って、あざらし食べていいのか!? (もう遅い、食べちまったゼ!!)
おまけのクリームチーズは濃厚すぎず食べやすくあっさりしたお味でした♪


相方は、確かビターチョコラータ(うろ覚え)のシングル(¥320)。
おまけのワンスプーンがティラミス

黙々と食べてたところを見ると、たぶんかなり美味かったんでしょう!
(あざらしはチョコあまり好きじゃないので、味がイマイチ分かりまへん
)


ココ、近ければ通い詰める!!通い詰めたい!!
という訳で、また行きたい店ができました~★

実はウィスキーが気になったんですよね~食べる訳にはいかないから我慢しましたケドっ!!!!!!
(山崎を使ってるらしいです)


菊川市加茂、炭火焼レストランさわやかの裏手、ケーズデンキの近くです

今週末も麺's食堂 粋蓮に出掛けちゃいました

先週末は『さんま祭り』フルコンプ限定麺でしたが、今日は…


粋蓮では毎月第4土曜・日曜に煮干しの限定麺を提供する【CLUB214】を開催していまして…
今日はその【CLUB214】開催日!

昼前に着いたので残ってましたー!(5月に限定麺食べに行った時は12時過ぎに既に売り切れ。。。)


しか~し、あざらしは1つ過ちを犯していました。
うっそ~!デジカメにSDカードが入ってない!Σ( ̄□ ̄;)
仕方ない、内蔵メモリに入れときゃいいか…と軽い気持ちでいたのですが、自宅に戻りPCに繋いだりTVに繋いだり色々試みたけど、まさかこのミラーレス一眼様って内蔵メモリってモノがない(; ̄Д ̄)?


保険で1枚だけケータイで撮っておいてヨカッタYO

11月の煮干し限定麺は牛ニボらぁ麺(¥980)!!

このチャーシュー、間違いなくローストビーフです。
スープに煮干しっぽさはあまり感じず。
でも脂があまりキツくなくアッサリだったのはきっと煮干しのお陰なんだろうな~
あざらし、ラーメン評論家じゃないから味の深みはよく分からないけど、とにかく美味しかったから満足



で、相方はレギュラーの鶏骨塩チャーシュー麺(¥1000)を。
でも写真がないんです、、、

こちらは一転してコッテリでした。
2人とも全くテイストが異なるラーメンを食べたので、シェアし甲斐がありました…笑


ま、SDカードを忘れるのは旅行とかの時じゃなくてヨカッタ…と思うことにしましょ

yahoo旅日記の再編集で、コチラの続きです( ..)φ


旅1日目は「釧路市動物園→釧路湿原をチラ見→標津サーモン科学館→養老牛温泉」の予定でしたが、悪天候
が主要因で予定はこなせず。
仕方ないので若干寄り道しつつ養老牛温泉へ!!

養老牛温泉といえば湯宿だいいちが有名ですが、我々の宿泊先はホテル養老牛(HPはコチラ)。

じゃらんnetより1泊2食付、¥13800/人

GW中の温泉地の割に手頃なお値段だったのと、クチコミで「夕食が良い」と絶賛されていたので選択。
そのクチコミにかなり期待していま
したが、期待が裏切られることはなかったで


地物の肉や魚を使ったお料理です。











ただ、
このように量が多いので、事前の間食は控えた方が賢明です


家族風呂は予約不要で、3つあります
お湯も良く、周囲に何もないので静かだし、本当に良かったです♪







看板犬のフクちゃん(♀)が待っています。

2011年当時かなり高齢なワンちゃんだったので今もいるかは不明ですが。。。


お疲れあざらし達は早々に温泉でまったりし、翌日の予定をざっくり決めて早めに就寝しました


旅1日目の予定していた道程(上)と、実際の大まかな道程(下)はこんな感じ

さてさて、2日目は予定を遂行することができるのか…


出産前に北海道に行きたかったのですが、11月になり雪も降り始めたそうなのでさすがに諦めました。
そんな訳で、行きたくても行けない北海道、yahoo旅日記の再編集をば( ..)φ
写真、大幅増量で




あざらしの職場のお休みは“カレンダー通り”なので、2011年GWは5/2、6を休むと最大10連休でした。
一方、相方のお休みは5/1~5 (らしい)。
という訳で、あざらしが5/2に有給休暇を取り、4泊5日 or 3泊4日でお出掛けすることにしました。

さて、場所は何処にするか?
気付いたら3月。
ぼちぼち本格的に行先を考えないと…と思った矢先の大震災。

その後体調を崩し、ウダウダしているうちに3/27。飛行機の早割を取るにはギリギリのタイミング。
実は「南紀白浜に行く!」と決めていたのですが、GWの南紀の宿代の高さに怯み、アッサリと北海道に鞍替え。


旅のコンセプトは、初めての場所を巡りつつ、『円山動物園でホッキョクグマの赤ちゃんを見る』と相成りました。
飛行機、宿、レンタカーの手配をして…ある程度のプランを立て、全ての手配が完了したのは出発まであと1週間に迫った夜でした。。。


【1日目】

羽田7時55分発・JAL1145便・たんちょう釧路空港行きに乗り、いざ出発


出発前に羽田で得た情報は釧路=曇り
でしたが…到着した時には完全に雨
。。。 また、事前に北海道の方々から「寒い」と聞いていましたが…本当に寒い

旅行中、悪天候と寒さに泣かされることに。。。


とりあえずレンタカー
を借り、まずは釧路市動物園へ。
道東自体初めてなので、もちろん初来園です。

空港から車で約10分(JR釧路駅前からバスも出ているそうです)。入園料¥550
近くにある山花温泉リフレとのセット券や釧路湿原展望台等とのセット券も販売されているようなので、ぜひチェックしてみて下さい。



さて、あざらしがこの旅で絶対に見たかったのが、アムールトラのココア(♀)。

軟骨形成不全症で歩行は困難と言われていたトラです

双子のタイガ(♂)と一緒に元気に走り回る姿を一目見たくて、2009年夏の旅行は北海道 in 釧路にする予定でした(
実際の旅は小樽&札幌方面でしたf^^;)
でもモタモタしてて釧路行きの飛行機が取れなかったんです。その直後にタイガが亡くなってしまって、2頭での姿を見ることは叶いませんでした



でも、この日初めて見たココアは元気一杯!







やっぱりどうにかして旅行を企画して良かった、と思った瞬間です


コチラはココアのお母さん・チョコ。



あとは何と言っても…ホッキョクグマのツヨシ!こんな名前ですが♀です!!

数年前、話題になりましたよね。♂だと思ったら♀だった…!!という衝撃事件

(と言っても動物園好きな人しか知らないと思いますが^^;)
寒いからか、すごく活発に動いていたツヨシ。実は美人さんなんですよ。


さて、ちょうどこの頃、もう1頭いたホッキョクグマ・クルミ(♀)は繁殖のため移動した直後。

昨年、この時会うことが叶わなかったクルミが生んだ仔を秋田に見に行きました



さて、それでは釧路の動物達の一部を以下に紹介! (順不同)

2010/11月にやってきたアルパカ。


隣りにいるシマウマとは仲良しらしく、金網越しに顔をくっ付け合っているようです。






北海道ゾーンの一画に特別天然記念物・タンチョウがいます。



端っこにいて綺麗に撮れなかったのでパネルのみ。
園内にタンチョウ保護増殖センターが設置されていて、孵化・増殖事業に取り組んでいるそうです(タンチョウ紹介ページはコチラ)。


さて、この御方は天然記念物、絶滅危惧種のシマフクロウです。





彼らに会える動物園は釧路だけ!ペアで飼育しているので今後の繁殖に期待です



クマタカもいました。





園内を移動中にこんな看板を見るとは…




お次はエゾクロテンのテンテン。

はい、そっと開けてみましょう!














いたいた!ず~っと開けていると威嚇してきます



2011年当時、生後1年だった、まだオムツ姿のオランウータン・ひなちゃん(♀)。

なかなか活発で、白いバットを振り回していました。


この他、エゾヒグマにおやつのビスケットがあげられるようになっていたり、





説明パネルやクイズ等々随所に楽しめる工夫がされていました







シロザケ稚魚もいたし、




もちろんこの他にも多くの動物がいました。







侮るなかれ、釧路市動物園。予想以上の満足度に、自分でもビックリです。
(職員の皆様ゴメンナサイ、もっとショボイと思っていました…
)



とにかく寒くずっと雨が降っていたので、イマイチ集中して見られなかったのが残念ですが、必ず再訪します!!


この後、釧路湿原と標津サーモン科学館に行く予定だったのですが…雨のため湿原を断念

湿原を諦め標津に向かったものの…途中で開館時間に間に合わないことが濃厚になってきたので、全てを諦め、1日目のお宿・養老牛温泉へと向かったのでした。。。
結構キツキツに予定を組んでいたのと、動物園の思わぬ充実っぷり、雨により、初日から全く予定が狂いました


当初の予定では、初日は「釧路市動物園→釧路湿原をチラ見→標津サーモン科学館→養老牛温泉」だったんですよ。予定が狂ったついでに、この後は寄り道しつつ宿へと進みました。


コチラの続きとなります。

往路は大幅に遅れていたJR瀬戸大橋線。復路は遅れもなく、早め早めの行動で岡山駅まで戻ってきました

岡山駅に到着したのは15時半過ぎ。
その気になれば岡山市内の動物園に行けたのですが、すっごく掛け足になっちゃいそうなので、また次の機会に


ひとまずバス
に乗って、岡山後楽園&岡山城に向かいました。
って訳で、書庫は四国→中国に移動。


日本三名園の1つ、岡山後楽園

日本三名園のうち金沢兼六園は小学生の頃に出掛けたことがあったので、これで実家から一番近いはずの水戸偕楽園だけが残っちゃいました



後楽園と岡山城は目と鼻の先。まずは後楽園を散策し、それから岡山城に行きましょう。

それは後楽園>17時まで、岡山城>17時半までだから

入園料¥400です。


岡山後楽園は今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が造営し、その後も藩主の好みで手が加えられた江戸時代を代表する大名庭園です。かつて藩主の静養の場、賓客接待の場として使われていましたが、藩内の人々にも観覧が許されていたんだとか。


何故にタンチョウ??

江戸時代。。。
ある日、園内・延養亭の前庭に降り立ったタンチョウを見て、藩主綱政が瑞兆(おめでたい出来事の兆し)と喜び和歌を詠んだという記録が残っているそうです

またその他にも、庭に鶴が飛来した時や、園内で飼われていた鶴に卵が生まれた時には江戸にいる藩主に知らせていたという記録もあるそうです

あらら、後楽園とタンチョウにはそんな歴史があったんですね。
現在はケージの中で飼育されているタンチョウですが、戦後一時途絶えるまでは、園内を自由に歩いていたそうですよ。







旅行がもうちょっと後だったら、綺麗な紅葉
だったんだろうな




高台から見下ろすと、素敵な園内が一望できます。

って言っても広すぎて、全部が見える訳ではありませんが…笑



この素敵な庭を見ながら食べるソフトも美味でした…笑


掛け足でしたが後楽園を散策したので、岡山城に向かいましょう。


ここから吊橋を渡ると…

(これは吊橋から撮った写真です

)

夕暮れ時に紅葉
と岡山城
をバックに。




これは築城時、宇喜多秀家の頃の石垣。

ちょうど今年2014年の大河ドラマはその頃の話


かつての岡山城は、今の天守より西に300mほど行った高台(石山)にあったそうです。1573年、当時の城主を滅ぼした宇喜多直家が修築し、沼城から移動。
今の岡山城を築いたのは直家の実子、秀家。後に豊臣秀吉の養子になり、年若くして出世を遂げました。そして1590年から現在の場所に本格的な城づくりを開始し、1597年に全ての工事を完了したそうです(秀家は豊臣政権の五大老。関ヶ原後は改易、八丈島に配流)。


この石垣の辺り、天守に向かうまでの間にあった表書院跡では…発掘調査で出土した建物の礎石や遺構は地下に保存し、建物の位置や間取りが地表に表示してありました。


さて、話を戻して、岡山城ですが…
外壁は黒漆が塗られており、太陽光に照らされると烏の濡れ羽色に似ていたため烏城の別名があるんだとか。
残念ながら第二次世界大戦時の空襲で天守が焼失。現在は鉄筋コンクリート造りとなっていますが、外観は再現されているそうです。

おっ!明治時代の写真が飾ってありましたYO



基本的に内部の展示品は撮影禁止
だったので、せめてシャチホコだ
けでも。。。



入館料¥300ですが、実は後楽園とのセット券があったことに気付いたのは帰宅後のこと。
両方行くならお得な共通券を買って下さいね!!


復路は岡山駅まで徒歩で
 岡山駅との往復は、徒歩でもバスでも路面電車でも、自分のお好みで!



さて、これにてこの旅の全行程が終了!!
お土産は高松で購入済。岡山駅で駅弁を購入し、18時49分発の新幹線
に乗って静岡駅へ(名古屋で一旦乗り換え)。

2日間、たくさん歩き、たくさん食べ…休み休み動いたつもりでしたが、ものすごーく疲れました

特に名古屋までは大爆睡でした










妊娠中の旅行はこれが2回目でした。その気になれば、あともう1回位行けるんじゃないかと密かに目論んでいます。ま、北海道はさすがに諦めましたが…
相方は広島に行きたいそうですが、さ~て、どうなることやら??

コチラの続きとなります。

高松駅に戻ってきたので食べましょ、お昼!もちろん讃岐うどん!!
って訳で、朝昼の讃岐うどんをまとめてご紹介~!!


朝食は、しろとり動物園に行く前に
1日目のお昼でお世話になっためりけんや 高松駅前店にて。
あざらしはまたまた肉ぶっかけうどん(小、冷、¥410)に、今度は蓮根の天ぷら(¥110)をトッピング。


相方は山かけうどん(小、冷、¥300)におにぎり(¥80)を2つトッピング。

値段は全部で¥980


昼食は、こちらも高松駅から徒歩圏内の地上最強のウドン ゴッドハンドにて。
相方は温玉肉ぶっかけうどん(小、冷)


あざらしは梅うどん(小、冷)に天ぷらトッピング。

値段は全部で¥980

朝も昼も夫婦ともに満腹なのに¥980っていう…讃岐うどん、素敵すぎるっ♪ 大満足



その後、玉藻公園を散策してきました。日本三大水城 高松城跡に造られた公園です



高松城は江戸時代には三重の堀を有し、約66万㎡の広さだったんだとか。明治時代に外堀が埋め立てられ、徐々に中堀の一部も埋め立てられ市街化が進んだそうです。現存するのは門や一部の建物、石垣だけで、広さは約8万㎡だそうです。入園料¥200


こちらは重文・高松城旧東之丸 艮櫓

お堀の外側から



こちらも重文・披雲閣(旧松平家高松別邸)



玉藻公園のマスコットキャラクター・たまもん。



現在でもお堀には海水が引き込まれていて、クロダイやクサフグが悠々と泳いでいました。



稚魚の時に潮に乗って水門からお堀に入り、成魚となるそうですよ。


重文・水手御門

江戸時代はこの石垣の北側まで海で、藩主はここから小舟で出て御座船に乗り込んだり参勤交代したそうですよ。直接海に向かって開く海城独特の門で、全国唯一の現存例だそうです。


ここからフェリー乗り場が見えますね。
実はあざらし、高松港からフェリーで小豆島に出掛けたことがあります


その時の旅日記は、こちらのブログでいつか再編集しますね( ..)φ

玉藻公園は高松駅から徒歩直ぐです。高松港方面に向かって下さい



さて、せっかくなので
栗林公園(高松藩の歴代藩主が造営した庭園)に行こうかなとも思いましたが、高松観光はこれでお終い!

今回のツアー切符は岡山で途中下車可能なので、新幹線に乗り遅れないよう早めに岡山まで戻っておきましょう!!…というのも、往路は瀬戸大橋線が30分程遅れていたのですわ

ギリギリまで高松で過ごしてしまうと、万が一電車が遅れた時に困っちゃいます。色々なことを想定し、早め早めの行動で!


昨シーズン、あざらしのイルミネーション熱に突然火が点いたっ


静岡県内の小さなイルミネーションもブラブラ見ましたが、、、
静岡で大規模な所と言えばつま恋サウンドイルミネーション (コチラ)、
全国的な有名所としてはなばなの里 ウィンターイルミネーション 冬華の競演 (コチラ)。
さて、今シーズンは??


今シーズン初のイルミネーションは御殿場高原 時之栖 ウィンターイルミネーション 妖精たちのHabataki。昨年は光のトンネルがなく不評だったらしいですが、今年は復活


昨シーズンは不評とのことで時之栖には出掛けなかったのです。
今年は期待をもって…笑

週末ですがシーズン開始直後だからか思ったより混雑してなくて、じっくり見られましたよ

光のトンネルは無料、噴水ショーは有料(¥1000)です。



知らぬ間に1記事で載せられる画像サイズが増えていたので、ちょっと多めに載せてみます

光のトンネルは450mだそうです。









「妖精たちのHabataki」がテーマなので、トンネル内の至る所に妖精が。


この電車は数車両連なってて、各車両内にベンチがあります。

当然ですが先頭車両が混みます。写真の順番待ち必至!


光のトンネル内で撮ってもらいました





トンネルを抜けると、参加型イルミネーションが

周囲の企業や団体が提案~作成した空間が広がります。
学生時代に1週間泊まりがけで実験を教えに行った、某大学某ゼミのイルミもあって、ちょっとビックリ











ここから先が有料の噴水ショー





ちょうど始まる時刻だったので、有料エリアも見てきましたよ。
20分位(?) じっとして見てるので、11月とはいえ超寒いσ(oдo|||
)



























噴水ショー、なかなか綺麗でした



前の方で見てると、ちょこっと水飛沫が飛んでくることがあり、入口で傘が借りられます。
ま、あまり意味がないと思いますが


噴水ショーが終わると、コチラのイルミが点灯





さて、光のトンネルに戻りましょうかね。













高さ20mのイルミネーションツリー



撮影スポットなのに、何故かココで写真を撮らないあざらし夫婦です…笑



今シーズン初のイルミネーション、ガッツリ堪能してきました



11月とはいえ冷え込みがキツくなってきた週末。そして何しろ富士の麓の御殿場高原だし
、かーなり寒かったです
 防寒をしっかりしてお出掛け下さい




さ~て、今年は何ヶ所見られるかな

コチラの続きとなります。

【2日目】
今回の旅、ホテルでの朝食は付けませんでした。それは朝から讃岐うどんを食べる気満々だったから…笑!

てな訳で…ホテルは7時半前に早々にチェックアウトし、早朝から開いてるうどん店で朝食を済ませ(グルメはまた後ほど!)、本日の行先であるしろとり動物園に向かいました。


動物園は高松市ではなく東かがわ市にあります。
高松駅に着くまでは最寄駅まで在来線で向かうつもりでしたが、往路は時間の有効利用のため特急に乗りました








ちなみに、間違いなくレンタカーの方が時間が有効に使えます


実は計画段階ではレンタカー利用のつもりでした。
が、1日目の夜、相方と話し合った結果、金額がレンタカーより安く済みそうだったので電車+タクシー利用となりました。


動物園までのルート及び金額は、往路:高松駅→讃岐白鳥駅(特急うずしお利用で¥1370)、復路:讃岐白鳥駅→高松駅(在来線利用で¥850)
電車は朝夕以外本数が少ないので本当に注意ですよ

時間を潰そうにも、讃岐白鳥駅周辺には何もありません(あざらし達、復路は電車30分待ちでした)。
最寄駅から動物園まではタクシー利用、片道¥850程度でした。


特急利用だったので、開園とほぼ同時に入園できましたよ


入園料¥1300です。

それでは順不同でご紹介




まず、入口や駐車場にイヌがいたことにちょっとビックリ。

その後も各所にネコがいたりで、

イマイチ何を目指しているのか分からない雰囲気が


ニャンニャンハウスやワンワン広場もあり、まるでペットショップの様な印象すらありましたから…笑

でも、どうやら触れ合いがコンセプトなのかな!って感じです。


特筆すべき動物がいるとしたら…それは間違いなくホワイトタイガー!!





それが何頭もいるんです(普通のトラも含め、数が多いです
)



イヌやネコにビックリしたので期待がどんどん薄れていったのですが…
ゾウやカバなんて何処にでもいる訳ではないですよ!!





だからこそ、何故ココに!?って感じちゃうんです。
(コンセプトがイマイチ理解不能だったために…笑)


尚、ゾウをはじめ、複数種の動物にエサをあげることができます。


ちなみに我々はエサ買ってません。親子連れが落としたキャベツをあげただけです…笑



なかよしminiサファリでは、


ミニブタがゾウガメを苛めてるし、


かと思うとネコ(ベンガル)はいるし、

(もちろん触れるし、かなり人懐こいです)

マーラとかペリカンといった動物園ではお馴染みな動物は押さえてるし…



miniサファリとしては謎な存在です。


この通り、園内は意外と動物の種類が多いです。








そう言えば、オポッサムもいましたね。

お尻向けて寝てたので、全く写真が撮れませんでしたが



そしてトラがいるってことは当然ライオンもいますし、仔ライオンが突然飼育員さんと出てきた時にはこれまたビックリ!


ふれあいステーションに向かっていましたが、触れ合うにはちょっと大き過ぎでしたね…笑



しろとり動物園のトラ&ライオンは、ほとんどが人工保育で育っていて人間が大好きだそうです。


サーバルキャットやカラカルはまるで置物かのように(特にカラカル)。





基本的に説明パネルは手作り感満載で、これがまた見やすかったです。

ブチハイエナの雌雄、外から区別し難いとは知らなかったな。





相方と見入ってしまったのはコチラ、サバンナモンキー。

今まで気付きませんでした。青いタマタマ…笑

青キンはBigな方がモテるんだそうです。まず青かったってことに全く気付いてなかったので、相方と爆笑!となると、もう撮るしかないです。

えぇ、納得いくまで撮りました(結局上手く撮れず不完全燃焼でしたが…笑)。


そんなこんなで、とっても不思議な魅力のしろとり動物園。辺鄙な所にありますが、機会があれば足を運んでみて下さい。


それでは高松駅に戻って昼食をGETしつつ、次の観光でもしましょう!
ここから先のことは一切決めてません。行き当たりばったり



NCSコラボ企画 2014 autumn
このワード覚えてますか?

10月に中部地区無化調店4店舗で開催されてた『さんま祭り』ですYO!
(静岡中部のお話です
)


数日前、某ラーメン店のブログをチェックしていたところ…

コンプリートした者だけが食べられる限定麺なんてあるじゃないですか!!


という訳で、麺's食堂 粋蓮へ行ってきました♪スタンプラリーのカード持参で

限定だし、売り切れたら嫌なので11時半頃に着くように




あざらしは勿論、フルコンプ限定麺 さんま白湯つけ麺(¥1000)を。

麺は昆布水に浸かってます!ぬめぬめ~アルギン酸とフコイダン~

アルギン酸は血圧低下&悪玉コレステロール低下作用があるんですよ~健康に良いですね

ラーメン食べる人にピッタリなのでは…笑??


そして、さんまと言えば(?)の、このどす黒いスープ…笑



トッピングは塩麹チャーシュー&鶏チャーシューに、白ネギや味変用のスダチや岩塩も。



じゃ、食べましょ~
昆布水が絡んだ麺に、サンマ白湯の浸け汁にまたよ~く絡むこと!!





本っっ当によく絡むもんだから…
最後の方は浸け汁がかなりライトに変貌を遂げてました…笑

ちなみに、麺の量が多くて最終的にあざらしは完食できず。残りは相方が食べてましたf(^-^;)



相方はこれまた11月の限定麺 サバらぁ麺 塩(¥850)

同じ青魚でも全然違いますねぇ…って当たり前か!
サバの香りがほんのり
そして塩と合いますねぇ


相方はついでに以前頼んだことのある梅ネギチャーシュー丼(¥350)も食べてました。


さてさて…
限定麺、どちらも美味しかったです


で、フルコンプ限定麺ですが、あざらし夫婦が帰る頃には売り切れランプが点いてました

危ない危ない!!いつもより早く行っててよかった~!!

この旅、本場で讃岐うどんを食べるついでに動物園水族館の新規開拓をするっていうコンセプトです


ブロ友、カフク・エビ男様より事前に讃岐うどんの資料をメールで送ってもらったのですが、今回の旅はレンタカーを借りず電車&徒歩だったので、結局駅近のお店しか廻れませんでした。それが今でもちょっと心残りですね!!


さて、高松に到着後、一番最初にしたこと。
それは讃岐うどんを食べる…笑!!食いしん坊万歳!!


めりけんや 高松駅前店にて。

相方は、肉釜たまうどん(大、温、¥500)。これに穴子天(¥160)と鶏天(¥180)をトッピング!

あざらしは、肉ぶっかけうどん(小、冷、¥410)。これにかき揚げとじゃこ天(各¥160)をトッピング!

細かい値段は覚えていませんが、全部で¥1570でした



あざらし夫婦、この1食で讃岐うどんの威力に気付く

コシが強いから満腹感が半端ない!!小サイズでもお腹一杯!!
うわ~何店舗も食べ歩くのって無理じゃねぇ??みたいな

満腹感から考えると、相当お安いんですけどー!


この後水族館へ行き、17時頃高松に戻りソフトを食べ
あざらしのお腹、全く空く気配がない。。。(相方はフツーにお腹空いてたっぽいですが)


しばらく商店街を歩き回り、最終的にホテルに近いお店で!!
うどん市場 兵庫町店にて。

相方は、ゆず胡椒うどん(小、冷、¥380)

あざらしは、確か…温玉山芋ぶっかけうどん(小、冷、¥400)

2人でシェア用のちくわ天とひじきの小鉢を付けても、全部で¥980でした

安い!!そして満腹!!

讃岐うどん、最高ーーー!!


日本三大うどんの1つ、水沢うどんのお膝元で育ったあざらし。
水沢うどんって、本当に水沢にしかお店がないのですが、讃岐うどんは香川県内各地にお店があるから旅人には嬉しいです



2日目はどんな旅になるか??どのお店で食べるのか??
お楽しみに



旅の経緯はコチラ


【1日目】
JR東海ツアーズ「JRで行く おすすめ四国/高松 高松東急ホテル・1泊2日 静岡発着」を利用して、讃岐うどんを食べまくるついでに動物園水族館の新規開拓をしてきました


静岡駅・8時11分発の新幹線
に乗ってまずは岡山駅へ(名古屋で一旦乗り換え)。その後、JRの在来線・
快速マリンライナー
で揺られること約1時間。高松駅に到着♪
ちなみに静岡から高松まで約4時間半の長旅でした。


一旦お昼を食べてから(あ、グルメはまた後ほど!)、ホテルにチェックイン。
そして向かった先は新屋島水族館。お初です♪


往路は琴電を利用。
ICカードは、ことでんグループのIruCaしか使えません!

水族館までは
高松築港駅→琴電屋島駅(¥320)+屋島山上シャトルバス(¥100)。シャトルバス
は1本/時間程度なので、気を付けて下さい




水族館は国立公園内にあり、山上駐車場から徒歩10分程度。屋島寺
を抜け、展望台

の横を通過し、ようやく辿り着きます




ちなみに…あざらし夫婦は屋島名物かわらけ投げをしてから水族館へ!
屋島山上にある展望台・獅子の霊巌と談古嶺は、瀬戸内海や檀ノ浦古戦場を一望できる格好の場所で、屋島名物のかわらけ投げが挑戦できる場所。これは合戦に勝利した源氏の兵が、陣笠を山上から投げ勝どきをあげたという故事にちなむもの。厄除け瓦のかわらけ(素焼きの小さな皿)を投げ、遠くまで飛ばして楽しむんですね















そして水族館に到着



入館料¥1200です。


この水族館、特筆する程の水槽はないのですが、何と言ってもアメリカマナティーですよ!






2頭いるんだな!









2ショットもドアップも撮りました…笑











瀬戸内海の魚。


そうだ、クロダイもクサフグも…



見た見た。旅行2日目、高松城跡(玉藻公園)のお堀でネ!!


世界の淡水魚。





個性豊かな海の生き物。





日本の淡水魚。

オイカワが喧嘩してました


ペンギンやカワウソ、







外にはゼニガタアザラシもいましたよ。





イルカプールは小さいながらもショーが出来る体制が整っています。








1時間程度でサクッと見られるこじんまりとして水族館ですが、足を運ぶ価値はあると思います。


復路はJRを利用で、屋島山上シャトルバス+屋島駅→高松駅(¥220)。ことでんとJR、どちらを利用するかはお好みですが、乗り換えはあるものの琴電の方が本数が多いから便利かも。


そして、とってもビックリなのですが、2015年度中の閉鎖が決まったそうです。。。(築40年。国立公園内のため改築や増築が困難なため)
何かに導かれたのか…?
いや、、、偶然ですが、無理してでも今回出掛けておいてヨカッタ!!


この日の予定は、これにて終了!夜ご飯を食べて翌日に備えましょう~



本編はvol.3 名古屋城編で終了したのですが、1つ後回しにしていた記事が…
そう、名古屋飯ですよ!!


到着早々、名古屋駅で食べたきしめん



新幹線内で朝ご飯を食べたのに…10時半頃の早お昼でした



夜は味噌カツ定食

あざらしは味噌あまり好きじゃないけど、相方と同じモノを食べたのでした。
ぐえぇ~食い過ぎた



翌朝、名古屋東急ホテルにてビュッフェ形式の朝食では…



朝っぱらから手羽先を食べたり、自分で作る小倉トースト食べたり!!


そして、動物園後の遅お昼はひつまぶし!!









この旅行のちょっと前から食欲が元通りになってきたんですわ。
だから相方と一緒のモノを食べちゃった訳で…たった2日間で1kg肥えたのでした(;一_一)

名古屋飯って危険!!
だって、美味しいけど味が濃いし、、、旅先だと色々食べたくなるから本当に危険極まりない



先日より戻り悪阻中なので少し食べる量を調整してますが、今思えばこの旅行直前から約1ヶ月が一番食べられる時期でした。だから食べられちゃって、肥えちゃってねぇ…はぁ。。。


でも、この旅行に関しては全く下調べしなかったので、今度名古屋飯を食べる時はぜひとも美味しいと評判の店を巡ってみたいですね


少し前に静岡新聞に載ってたんです。
焼津市野秋ヒマワリ&コスモスが綺麗に咲いてるって記事が

昨年は見損ねたんですよね~


焼津から静岡方面に向かうR150沿いの畑に咲き誇ってました



でも、まずは用事を済ませてから…という訳で、一旦静岡市内へ。
立ち寄った時には結局夕方になっていました



う~ん、晴れてたんだもの。やっぱり真昼間に立ち寄ればよかった…
綺麗なんだけど写真にすると色合いがね











小さな区画ですが、なかなか綺麗なんです。


ヒマワリは背の低い品種でした。



時期的にこれが今年最後のお花見ですかね!

来年はちゃんと真昼間に散歩したいものです


コチラの関連記事で、コチラの続きとなります。

東山動植物園から一旦栄に戻ってランチタイム、その後名古屋城に行ってみました。
名古屋は2007年、2010年に続き今回が3回目になりますが、いっつも動物園水族館しか行かないので、実は名古屋城に行くのは初めて!復元天守とはいえ、城好きとしてはちょっとワクワク。


地下鉄名城線市役所駅からてくてく
東門から入場。

拝観料¥500。
到着が15時過ぎと遅く、天守&本丸御殿への入場は16時までだったこともあり、見学は掛け足になってしまいました



二の丸広場から本丸御殿に向かう最中にある清正公石曳きの像。

名古屋城に何故加藤清正??
確か豊臣秀吉の九州平定後、1588年に肥後熊本藩主になった人じゃなかったっけ??←2014年の大河ドラマは軍師官兵衛。こちらに加藤清正が出てきます。

調べてみたら、1610年の名古屋城築城に際し、大小天守の石垣工事を施工。清正は巨石を修羅に乗せて運ぶとき、石の上に乗り、気勢を上げたと伝えられ、これが「清正の石曳き」といわれているのだとか。
というのも名古屋城は関ヶ原後に徳川家康が豊臣家との武力衝突に備え整備した城で、普請(土木工事)を助役大名に命じたって訳です。要は、清正は助役大名だったってことですね!歴女あざらし、久々に調べたっ!満足



現在、本丸御殿の復元工事中なのですが、入口にあたる謁見の場・表書院が公開されています。
ちなみに…本丸御殿は天守とともに、第二次世界大戦時の空襲により焼失しています。







さすが復元されたばかり、新築感半端なしですよ。
ここを抜けると天守です。


鉄筋コンクリート造りではあるものの、外観はほぼ正確に復元されているそうです。

名古屋城といえば金鯱。

ココで写真を撮る人多数…笑


コチラは江戸時代前期に青銅で鋳造された鯱で、長く江戸城に飾られていたそうな。

その後江戸城の門を名古屋城に移築する際に運ばれ、隅櫓の鯱として用いられたそうです。


色々展示してありましたが、やはり気になったのは重要文化財。
名古屋城本丸御殿の天井画(700面)と


障壁画(1047面)は

第二次世界大戦末期に疎開していたため焼失を免れたんだとか。戦争で焼失してしまうと二度と元通りにはなりませんし、もう二度とそういう事態が起きないでほしいですね。


見学を終える頃には開園終了時刻16時半になっていました。

この時間にもなると、城内の猫も完全リラックスモード。


これにて、あざらし夫婦の愛知旅の全行程が終了。
その後名古屋駅・18時29分発の新幹線に乗って静岡へと帰ったのでした






さて、この旅を通じて思ったこと。
安定期に入り少し経ち、体調も安定してきたから出掛けた旅ではありましたが…
やはり妊娠前と同じ様には動けないんだなって痛感。
名古屋港水族館に辿り着けなかったり、帰宅後はグッタリだったり…疲れ方が違い過ぎる



でも、あざらしは懲りずにまた出掛けようと思ったのでした

(それが香川旅へと繋がる
)


vol.4、グルメ編が最後となりますが、コチラはまた後ほど


静岡松坂屋で開催中の全国グルメ博に行く前に、ちょっと遠回りして藤枝へ…


ラーメン屋の新規開拓!
らぁ麺屋 まるみに行ってきました


到着早々、相方が「ココ、何年も前に来た気が…確かフランス料理の店だった。ラムチョップ食ったし!」と。確かに外観はラーメン屋っぽくない。


んでもって内装も…
(調べてみたら、確かに元フレンチの店でした)


どのメニューであっても麺は下記3種類から選択可能。
【ストレート極細麺、手もみ中細麺、平打ちストレート麺】


あざらしは海老塩らぁ麺 チャーシュー(¥1050)

オレンジ色のスープが何とも印象的♪新鮮な甘海老を丸ごと使ったスープらしいです。
これ、かなり美味!!また食べたーい!!


麺は手もみ中細麺を。柔らかウェーブのたまご麺で、イメージ的には何だかカップラーメンの麺?

海老塩にはたまご麺は合わない!
間違いなくストレート麺の方が合いそう。よし、次は絶対ストレートだ!!


相方は塩らぁ麺 しぐれ(¥800)

麺は平打ちストレート麺で。
見た目通りあっさりで、クセもなく、女性向けな感じです。
しぐれver.もいいけど、王道の味玉ver.やチャーシューver.も捨て難い!!!


この他にも気になるメニューありました。
あざらし夫婦の好みからして、ココ、たぶんリピしまーす

今日は超久々に出張でした♪
あざらし、出張や外勤って大好きなんです。非日常のお遊び感覚…笑

でも、いつもと違うのは1人ってところ。
今回、某学術学会@岡崎での口頭発表だったんです。
学生時代に大好きだった口頭発表も約7年ぶり…?それも学術発表じゃなくてキャリアパスについて話すなんて、勝手が全く分からな~い(ー_ー;)

ま、なるようになれ!
ってな訳で、どうやら伝えたいことは伝わったみたいです。

んでもって、やっぱり楽しい!大好き、学術学会♪

それにしても、口頭の技術落ちたなぁ…
自己嫌悪に陥りつつ、静岡に帰ってる最中で~すσ(^_^;)

コチラコチラの関連記事です。

2014秋、香川&岡山ちょこっとの旅では、静岡⇔岡山は新幹線、岡山⇔高松は在来線で移動したのですが…

この「JRで行く おすすめ四国/高松 高松東急ホテル・1泊2日 静岡発着」プラン、往路・復路共に岡山駅で途中下車が可能でした。ってな訳で、岡山でもちょこっと観光しましたYO



岡山では、日本三名園として名高い後楽園内にある
さざなみ茶屋特製・
梅ジャムソフト(¥350)をGETしちゃいました♪


後楽園で収穫された青梅をジャムにした「お庭育ち」がたっぷり掛かったソフトです

このジャム、酸味が絶妙でかなり美味し!!
絶対に買いです

「コーンの中にもたっぷり」と書いてあるだけあって、本当にたっぷり入ってました



そして、時間的に終了してて食べ損ねたのが…
岡山城内にあるお城パフェ

壱、弐とあるようですが、いずれも岡山の白桃を使ってるようです。そして何故かドラゴンフルーツ。
う~ん、残念。食べたかったなぁ…(´-ω-`)


そんな訳で、今回の旅ではあまりアイスの類は食べませんでした!!

コチラの関連記事です。

実は今回の旅、それほどご当地ソフト、ジェラート、アイスに出会っていません。
というのも、1泊2日の電車旅だったから時間もなく、行く場所が限られていたので…

という訳で、高松シンボルタワー内でご当地モノをGETしました



まずはコチラ。

香川 お嫁入りソフト(¥250)

お入りとは、直径1cmほどの玉状の餅米から作られる餅菓子(あられ)です。
嫁入り道具として香川県の結婚式・披露宴で用いられ、また嫁入りした家の近所へのあいさつを兼ねた贈り物として用いられるんだそうです。味や食感は、ひなあられやポン菓子って感じですね!


あざらしは、蒜山ジャージー牛乳ソフトver.をチョイス。


相方はベルギーチョコver.で。

タワー1F、ちょっとカフェにて購入可能。
その他、琴平に行けば買えます!


これまた1F、四国ショップ88内、手作りジェラート&シャーベット ottimoにて…



悩んだ末の…

香川産・醤油豆香川産・豆腐のジェラートをダブルで(¥440)


醤油豆とは、香ばしく煎ったそら豆を醤油・砂糖などでつくったタレに漬け込んで味付けした、讃岐では昔から各家庭で作られていた郷土料理です。
いわゆる普通の煮豆と違い、はじめに煎ることから、軽く噛むと口の中でポロッとくだける歯ごたえが楽しめます。


小豆とは違う食感が楽しい、ほんのり甘い醤油豆。
以前香川(小豆島)に出掛けた時は、醤油豆を全く見掛けなかったので、これがお初となりました

味、食感ともに、またいつか食べたい味です

(本物の醤油豆は買い忘れました^^;)


ご当地ソフト・岡山編はまた後ほど
そして本編は、愛知旅の記事を書き終えてから…かな??

本来10月の3連休、10/12~13に予定してた香川の旅。
この旅は、毎年恒例・自分で自分の誕生日を祝う旅になる予定でした。
しか~し…台風19号の直撃により新幹線及び在来線が影響を受けると踏んで、11月初旬の3連休に延期しました(詳細はコチラ)。
ま、実際に影響受けまくりで、行ったはいいけど帰ってこれなかったし、行ったとしても暴風雨だったのですが…


はじめの予約時に、JALの早割は満席で既に取れない状態だったので、色々考えてJR東海ツアーズへ。数少ないですが香川のプラン、ありました。
「JRで行く おすすめ四国/高松 高松東急ホテル・1泊2日 静岡発着」、お値段¥30700/人を利用して、讃岐うどんを食べまくる旅をば♪
当初、ツインは既に取れない状態でしたが、「妊婦だからセミダブルはキツイんです!どうにかなりませんか?」と訴え、添乗員さんがホテルに交渉。ツイン枠を増やしてもらいました!!

その後、電話での日程変更手続きの際も、ハッキリと「台風で帰ってこれない可能性大だから変更したい」と伝えたため、いざ11月のチケットを取りに行ったら「キャンセル料はいりません。お腹に赤ちゃんがいるので気を付けて行ってきて下さいね!」と…
コチラもキャンセル料30%は痛手だと思ってただけに、気遣いも含め本当に有り難かったです!!


そんなことがありつつ、満を持して…11/1~2に出掛けてきましたYO!
天気は微妙

でしたけど~!!


当初は日曜祝日で行く予定でしたが、日程変更したため土日曜で行くことに。なので、帰りの時間を少しだけ後ろ倒ししました(その後相方は実は3連休でなかったことが判明し、本日は出勤してます^^;)。

という訳で、旅は香川だけの予定が、途中下車可能な岡山駅周辺でもブラブラすることに成功し、時間をフルに活用し目一杯遊んできました!
帰りは疲労MAXのため新幹線の中で爆睡でした




ちなみに、何故香川を旅先に選んだかというと…
切迫流産&悪阻真っ只中だった7月、土日曜は比較的うどんを食べる機会が多く、特に水沢・稲庭・讃岐うどん(日本三大うどん)を食べてたんです。
「悪阻が治まったら本場で讃岐うどんが食べたい!」
秋田は昨年行ったし(稲庭)、群馬はそもそも実家だし(それも水沢なんて実家から30分も掛からないし)…
だったら行先は讃岐しかない!!選んだ理由なんてそれだけです…笑
且つ、未訪の動物園&水族館もありますしね♪


食い倒れ、動物園&水族館、城…
妊婦なだけに今までの旅に比べてペースはかなり緩いですが、あざらしの好きなものがギュギュッと詰まった2日間。
徐々に記事にしていきたいと思います(^0^)v


って、9月の愛知旅の記事がまだ残ってたぞ。そちらも早急に手を付けま~す


あざらし2号

Author:あざらし2号
FC2ブログへようこそ!