FC2ブログ
2011 / 08
≪ 2011 / 07 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2011 / 09 ≫

「お盆だから」というか13日は土曜ということもあり、またスーツケースが借りたかったということもあり、土日で実家に帰省しました。
 
 
 
真夏のコタは…

 

暑さに耐えられず、小屋と日陰を行ったり来たり。
 
 
お盆中は父と兄の稼ぎ時(?)ということもあり、朝と夕の散歩は私の役目でした。
いずれの写真も真昼間の撮影なのですが、実際のところ元気だったのは散歩中だけ。
しかも朝は散歩中にへたり込むこと数回、何度もボール
で釣って小屋に誘導。。。
 
 
番犬のくせに、お檀家さんが来ても全く吠えないし、ホント役立たずですよ

 

 
 
だって、あち~のよ

って感じでしょうか。

 

 

ホントにだらしね~な~
 
 
 
実はコタさん、私が初めての海外旅行に浮かれていた頃、実家にやって来ました。
確か…カンボジア旅行出発日の朝、成田空港から電話を掛けたら「ウチ、犬飼うことになったから。今日貰ってくるんだ
」と父が浮かれてたんだっけ。
 
 
早いものであれから約2年。
私は明後日より、3回目の海外旅行に行ってきます^^v

スポンサーサイト



突然ですが、わたくし、来週インドに行ってきます

おほほ、I go to Indea from next week. ですよ!!
 

 
例年であれば、職場の夏期休暇は7~9月の3ヶ月間に7日間取得できるのですが…
今年は震災の影響で、職場の『節電計画』のために土日を含め8/20~28まで、長期の夏期休暇となったのです。(そのうち3日間は完全出入り禁止
、たしかウチの職場は電力30%カットが目標)
 
 
 
もちろん色々行きたいところはありました。
もう少し早く休みになっていれば、三陸の復興花火大会に行ってから国内or短めの海外旅行に出掛けたのですが、今回は自分の好きなように休むのはなかなか難しく…
だったら、「出入り禁止、ここを休んで」と言われた期間を有効利用しようと方針転換。
 
これだけ長期で休めるなんて滅多にないだろうということで、少し長めの海外旅行に行くことにしました。
(独り身だと気軽に行けるぜ、と言いたいところですが、なかなか海外には出掛けられないのが実情
)
 
ちなみに私の海外旅行経験は①カンボジア、②マレーシアの2回だけ。
今回悩むことなく、この2回の旅を一緒に出掛けた職場のN先輩と出掛けることにしました
 
 

 
パンフレット集めは6月末。
N先輩と集めるだけ集め、夜ご飯を食べながら考えること2時間、その日のうちに行先が①スリランカ、②インド(エローラ/カジュラホ etc)、③中国(九塞構/黄龍 etc)にほぼ絞られました
夏期休暇直後に宿泊研修があるため、長期で行くならば、少し早めに出発しなければなさそう。。。8/18、19日は休めたら休んじゃおうっと
(その勢いで、翌日には休暇申請出しちゃいました
)
 
そして、翌週に東京駅近くの丸善でひたすら『地球の歩き方』を読みまくり、なんとな~く行先がインドという方向に傾きました。
 
 
7/16にようやく申し込み。
【世界遺産三昧 ムンバイ・カジュラホ・アグラ・デリー8日間】
 
薄給の法人職員、1ヶ月以上の給料が軽~く吹っ飛びましたよ
今後、どうやって生活すればいいんだ、わたし??
内金を払い、あとは金額が決定するまでドキドキしてればOK。この時点で旅行1ヶ月前
 
 
残金を払わなければならないのに一向に連絡がこないまま7月末。
意外な落とし穴がありました。
エア・インディアの便数調整に引っ掛かり、帰国便が飛ばないことになってしまいました。。。
 
我々の希望は以下の通り。
①他の航空会社(JAL)でもよいので、ツアーが遂行できる直行便(ココ重要
)に振替。あまりに金額がupするようなら不可。
②他の航空会社でもよいので、ツアーが遂行できる乗り継ぎ便に振替。延泊は1泊までOK。こちらも金額による。
③諦めて行先をスリランカに変更。問題はこちらもエア・インディア。何が起こることやら
 
数日後、上記希望を伝えにHISへ。
さらに数日後、キャセイパシフィックの乗り継ぎ便が取れた&デリーで延泊できる、との知らせがあり、翌日にビザの申請へ。
 
 
8/10、旅行バウチャーも届き、ビザもようやく取得

ツアー名が【世界遺産三昧 ムンバイ・カジュラホ・アグラ・デリー9日間】に変更になっていました^^
やっと実感が湧いたので(というか安心したので)、ブログに書いてみました
 

 
でも、スーツケースが壊れている事が一昨日判明し、ちょっと困ってます。
ファスナー製の我がケース。
ファスナーは無事でも、蝶番が割れてました。どうやらGWの北海道旅行から戻ってくる際に割れたっぽいです。。。
今回は寝台列車に乗るし最終日しか連泊にならないので、9日間とはいえ、できれば小さなケースで旅したいのですが、肝心なケースが…

とりあえずガムテープで補強しバンドを巻いてやり過ごすか、今後のことを考え諦めて買うか、実家に戻って兄にいつもの大きいケースを借りるか…今激しく悩み中なのです。
 
もう詰めないと間に合わないぞー
 
 
18日早朝に成田に向かいます。。。最寄駅の始発だと2時間前に着けないし、前泊しようかなぁ…

一時は涼しくなった2011年夏。でも、気付いたらまた猛暑が戻ってきました。
またしても、夏バテ復活中です
 
そんな真夏に動物園に行こうと考えるトンデモナイ奴、それが私です。
(今年はもう夏に動物園には出掛けませんが
)
最近ココではちょっとしたニュースもありましたし、それを折り込みつつ2008年の多摩動物公園の記事を再編集( ..)φ
 


 
ターゲットである多摩動物公園は2008年当時の訪問で1.5回目
初めてではなく「.5」なんです。

これは忘れもしない小学校低学年の頃。群馬県民の日(10/28)に、はるばる群馬から車で両親と一緒に多摩動物公園にやって来たところ、なんと休園日だったのです…
未だにあざらし家で語り継がれる歴史的大事件です。。。
その時からいつか行こうとは思っていましたが、これが20年越しの多摩動物公園です。もちろん中に入るのは初めてです。

とりあえず横浜から小田急線を目指しましょ。
小田急線多摩センター駅で多摩モノレールに乗り換え多摩動物公園駅へ。ここから徒歩すぐ。


 
到着するとゾウさんがお出迎え。

動物園の門って、それぞれ個性があって結構面白いです。私は絶対撮影します。(もっとも、撮らないと、後で写真見てもなんのこっちゃ
状態ですが
)
 
 
到着したのは14時ちょい前。最も暑い時間です。
しかもこの日の気温は34℃
 
もう気がおかしくなりそうです。だったら行かなきゃいいのに…と言われても困りますが。
 

 
 
 

Before:これは到着直後のスイギュウ。2匹いたのですが、どちらも全身を水に浸かり、ヤル気は完全にゼロ!!
 
 

After:これは帰る直前。16時半頃でしょうか?暑さが少しマシになってきて、ようやく水の外に出てきたのです。ヤル気なさ過ぎでしょ
 
 
インドサイだって、あち~のよ

 
 
カンガルーは当然の如く、オヤジのようにゴロゴロ。

 
 
アムールトラもしばらくウロウロし続け、最終的に草むらの中に。。。

 

う~ん、やはり暑さかな。
 
 
オランウータンは暑さは全く関係なく空中散歩

 

コチラはグッタリ…しているかは定かではないです。
 
 
う~ん、コヤツは誰だ…?確か、ゴールデンターキン。

中国の山岳地帯(チベットやブータンにもいるらしい)に住むウシの仲間です。
 
 
室内にいるコアラは暑さなんて全く関係なし。

 

ちょうどエサタイムだったので、かなりアクティブでした。
多摩には当時より数頭のコアラがいたのですが、2010年には亡くなったり繁殖を目指し別の園に転出したりと、2頭だけになってしまったんだとか。今は埼玉こども自然公園と神戸王子動物園から♂がやってきて、賑やかなようですよ
 
 
また、この当時、チーターが初めて出産した直後ということもあり、赤ちゃんが公開されていました。

 

何と、今年も出産があったんだとか。
小さいうちに見たいなぁ、ウズウズ
 
 
最後にゾウ。アフリカゾウの方かな…

実はココのマコ(♀)がつい最近7/29に亡くなってしまいました。最近は足元がおぼつかなかったんだとか。
国内最高齢(推定46歳)だったんですよ。ゾウは長生きですね。
今まで楽しませてくれてありがとう
 
 
訃報はありましたが、数日前にマレーバクが誕生したり、4月に続き6月にもチーターが誕生しました。
特にチーターは、非常に珍しい『キングチーター』が誕生したんだそうですよ(コチラ)。
<キングチーター、何だそりゃ
  
 劣性遺伝で毛色のパターンが異なる個体らしい>
ふむふむ、夏が過ぎたら相方を誘って出掛けてみます
 
 
 
当然ですが、やはり夏の動物園は疲れます。しかも多摩動物公園って広い!次回は園内バスを賢く利用しなければ
20年越しの宿題を終わらせた2008年夏の出来事でした

yahoo旅日記の再編集です( ..)φ
 
 
京浜急行にはいくつかお得なきっぷがあります。
昨年の今頃、みさきまぐろきっぷを利用して京急油壺マリンパークに行ってきました。


ちなみに『みさきまぐろきっぷ』とは…¥2980(横浜駅からだと¥2880)で京急往復割引切符+京急バスフリー乗車券+指定店舗のまぐろメニュー食券+レジャー施設利用券がセットになったお得なきっぷです。
(詳細は
コチラ)。

レジャー施設に京急油壺マリンパークが含まれていた時点で「これは使える!」と思っていたんです。
というのも、JR最寄駅から京急・三崎口駅(水族館最寄駅)まで片道で¥700~800前後。これに三崎口⇔油壺(水族館最寄のバス停)が片道¥260、水族館入館料¥1700を合わせたら…
あら、既に元取れてるじゃん

これにお食事がついてくるって訳です。
(他のレジャー施設の詳細は
のリンクで確認して下さい)


そんな訳で、仕事の都合で急遽取ることになった夏季休暇の初日。お昼ちょっと過ぎに水族館に着くように出発しました。


切符は券売機では買えませんので窓口で買って下さい。

5枚綴りの切符です。駅改札、バス、施設でそれぞれ提示すればOK。


電車とバスに揺られること約1時間半。


やって来ました京急油壺マリンパーク!!
 

到着直後にまず館内のレストランにてまぐろづくし丼(¥1500)を食べました。

いや~まぐろきっぷ様様!!だって切符にこの丼のお値段含まれてるもんね。
ところで…この水族館のまぐろ料理は結構いいんです。
実は以前食べたことがあったから、ランチは「水族館で食べればいいや!」と思ってた訳です。
 

HPをチェックすれば、どの店舗でまぐろきっぷが使えるか事前にわかるのでチェックしておくことをお勧めします。まぁ、切符を買う時に冊子が貰えるので、そこでもチェックできますが。


腹ごしらえをしたので、ちょいと水族館を見ましょ。
この水族館、3~4年ぶり2回目なのですが、水族館としては想像の域を出ないのでこれといって「うわ~すご~い
」という思いは生まれませんでした。
ものすご~く個人的な好みからすると、可もなく不可もなく、といった感じ。
 

内部はこんな感じです。
国内ではココでしか飼育していないバルチックチョウザメがいたり…

(他のチョウザメとの区別が付かなかったので生体写真は省略。写真を見ての通り、チョウザメは長寿です。)


『相模湾と海洋生物学の歴史』と銘打ったコーナーがあったり…

 

ちょっと新江ノ島水族館ちっく。
 
油壺といい、江ノ島といい、皇族方の研究コーナーがあるんです。これは大きな特徴ですね!
(昭和天皇も平成天皇も、魚類の研究者です)
これらの展示は葉山御用邸が近いから…なのかも。
 
 
コチラは100年ぶりに発見された深海魚・ミツクリエナガチョウチンアンコウの標本。

新種じゃなくて100年ぶりに発見、というあたりがツボ
 
 
この他に、くさや干物の原料ハマトビウオがいたり…

(私のカメラではこれが限界…なかなか綺麗に写せません
。。。)
 
 


 

 
 
この水族館で個人的に気に入っているのはサメの展示(剥製含む)。
生きていた化石・オオワニザメ。

 
 
ミツクリザメ。

 
 
そしてシロワニ(ドーナツの海というコーナーで悠々と泳いでいます)。

 



あとは何と言ってもメガマウスの剥製標本。

う~ん…で、でかい。。。
記録映像や内臓等の標本も展示してありますよ。

個人的にはこのコーナーが一番好き



さて、この水族館、最近ではコチラで有名なのでは



皆様、写真の御方(つい御付けちゃった^^;)が誰だかわかるでしょうか??
 
 
この方、日テレ系列「天才!志村どうぶつえん」でDAIGOが育ててた“ペンペン”です。
ペンペンだけは右のフリッパー(翼)にタグを付けているので、よく見ればすぐにわかりますよ(ペンペンと書いてあります)。


チビッ子達は「ペンペーン!こっち向いて!!」と黄色の大声援。さすがTV効果。大人気でした。
その後、お食事タイムの時に飼育員さんにエサを貰っているペンペンに「ペンペン、お尻向けるな~!こっち向け~!!」と声掛けるチビッ子まで。。。
飼育員さん、さすがに苦笑いでしたよ。(きっと日常茶飯事でしょうが
)
 

この日は2010年の初・台風の影響なんて何のその、ものすごく日差しが強く暑かったです。

 

その暑い中長時間ペンギンを見ていたのですが、彼らはお腹が空いていなければ寄ってこないし、お腹がいっぱいになるとさっさとその場を去っていくので結構面白かったです。
 

こちらはアシカのお食事タイム。

 

彼らもペンギンと一緒で、食べ終わるとさっさとプールの中へ去っていきました。

 
イルカ・アシカショーも見ましたが、写真はちょっとしか撮ってません。

 

ショープールは完全に屋内なのでイルカ達にはちょっと小さいかなぁ…と思います。
(恒常的かわかりませんが、物語仕立てのショーでした)


最後に2010年にオープンしたばかりの新施設「かわうその森」を見て終了!

 

 

 

 

(時間が悪かったのか、全ての個体がぐっすりと寝ていました)


みさきまぐろきっぷ、かなりお得だと思います。
天気が良かったので、できれば城ヶ島の方まで足を延ばしてみたかったのですが、この日は疲れてしまったので大人しく帰路につきました。
京急には他にもお得なきっぷがあるので、また何か機会があれば利用したいです。
 
 

 
皆様、夏休みにまぐろきっぷ、如何ですか^^

静岡市立日本平動物園には、2007年に推定35歳で亡くなったピンキーというおばあちゃんグマがいました。
 
先日何気なく写真を見ていたら、ピンキーの写真(2004/2月当時)を発見!

懐かしいな
これ、私が初めて日本平を訪れた時の写真です。ピンキーに会えたのはこの時を含め2回だけだと思います。
今は剥製になって猛獣館299内に鎮座しています。
 


 
そして、スッカリ忘れていましたが…
現役のホッキョクグマ・2008年来園のロッシー(♂・2007/11月生まれ)のところには、この8月に嫁がやってくるらしいのです

タイ・バンコクより、2歳の♀・Vania(ヴァニア)が来園するそうですよ。お互いにまだ繁殖年齢に達していないので赤ちゃん誕生は先になりそうですが、数年後が楽しみです
 
 
公開は秋になるようです

 公開されたら、早速見に行く計画を立てなければ

昨年2010年、静岡県JR東静岡駅の北側で、静岡ホビーフェアなるものが開催されていたのですが…
 
その時に食べたカムカムソフト
ご当地ソフトという訳でもなさそうですが(静岡特産ではない)、ついつい食べてしまったこのソフト。

ただ甘酸っぱいだけで(どちらかと言えば酸っぱい)、美味しいという感じではなかったです
 
以前、浜名湖花博でも売られていたそうですが、何かのイベント会場で売られるものなのでしょうか??
…謎ですが、とりあえずお勧めはしません
 
 
カムカムとは

(コチラ)
南米ペルーの果実で、とにかくビタミンCが豊富なんです。レモン以上に酸味が強いとのことです
 
 
 
ちなみにホビーフェアは、こちらがドドーンと飾られてました。
「RG(リアルグレード)1/1 RX-78-2 ガンダム」

 

2009年はお台場に、2010年は東静岡に鎮座していた巨大ガンダム様、あなたは今何処にいるんでしょ??

毎年この時期は、宮城県三本木にてひまわりまつり 開催(2011年は8/1-16)。
 
という訳で、過去にひまわりを見に行った時のyahoo旅日記を再編集( ..)φ
 

 
2005/8/5、元々は仙台七夕花火祭に行く以外の用事はなかったのですが、三本木・ひまわりの丘に立ち寄りました。
さて、ここに立ち寄ったのには訳があります。


これより数週間前の7/18、何となくドライブに出掛けました。それも1人で。
当時学生として岩手県大船渡市在住だったあざらしは、当てもなく「何処に行こうかなぁ
と考えながら約2時間運転(目的もなく2時間・約100km運転するのも如何なものかと思いますが…)。
途中で立ち寄った岩手県一関市のコンビニで“じゃらん”を立ち読み。
ご当地アイス特集(みたいなやつ)で宮城県三本木町(現・大崎市三本木)のひまわりソフトに惹かれたのです。
 
三本木
何処、それ




地図を見たら…何だ、仙台の結構近くじゃん。あと1時間位運転すればいいのか!と軽い気持ちで向かったのです。ひまわりが咲いていることを期待して。
 


いざ到着したら…

そう、咲いていなかったのです。せっかく合計3時間も運転したのに…

 
 
この時は仕方ないので、道の駅「三本木やまなみ」ひまわりソフト(¥250)を食べただけで岩手に帰ったのでした。
 
この頃はご当地ソフトを写真に残そうなんて事、露ほどにも思っていなかったので、自分で撮った写真はナシ。
という訳で、写真をお借りしてきました。

ちなみにお味の方は、ちょこっとナッツ風味で、個人的には結構好きです
 
 
 

そして8/5の話に戻ります。
「せっかく仙台まで行くのなら、あの時のドライブで見るはずだったひまわりを見ようじゃないか!!」という訳で、一緒に出掛けた大学の仲良し助教(花火に誘ってくれた張本人で、運転手を引き受けてくれました)に「絶対に行きた~い!寄ってよ~
とお願いして、三本木に寄ってもらいました。
 
で、ココが三本木・ひまわりの丘です。

もちろん今度は咲いていました。
ちなみにこの日の気温は37℃!!あまりの暑さに向日葵は横に傾いていました
 

 

 

 


黄色、黄色、黄色…!
綺麗じゃないの~
 
我儘言って寄ってもらって大正解


嗚呼、目的が果たせたし満足




ん?目的はそういえば花火大会でしたわ。
花火はとても綺麗でした

静岡に出掛けると焼津さかなセンターに寄ることが多いのですが、前記事(コチラ)でソフトを食べた後に我々は東名高速で掛川を目指しました。
 
掛川ICで東名高速を下りたら、標識に沿って進めば到着。
掛川城

JR東海道線掛川駅から徒歩でも大丈夫です。
参考HPはコチラ



戦国時代、『内助の功』の逸話で有名な山内一豊が城主となって建立し、その美しさから東海の名城とうたわれた掛川城。
平成6年4月、当時の美しさをそのままに、日本初の本格木造天守閣として復元されたそうです。ちなみに、再建にあたって、一豊が築城した高知城を参考にしたそうですよ。
そう言えば以前高知城に行きました。いつになるかはわかりませんが、のちほど、そちらのyahoo旅日記も再編集しようと思います。

 

まずは天守閣からが見学のセオリーなんでしょうが掛川城御殿から見学。

この御殿、城主の公邸、藩の役所などとして使用されたそうです。
掛川城の御殿は江戸時代後期に再建されたもので、全国にも数ヶ所にしか残っていない貴重な建物だそうです。ちなみに国指定重要文化財です。
 

こちらは御殿内の展示物、
黄金の髑髏

織田信長が小谷城攻略後、討ち取った敵将「朝倉義景・浅井久政・浅井長政」の首の肉を剥ぎ、髑髏にして箔濃(漆を掛け、金箔を張る)したものだそうです。これを家臣に披露したんだとか。うげっ
 悪趣味だわ。

 
もちろん他にも展示物あるんですよ。一番初めに髑髏を載せましたが…!

 



御殿と天守閣に挟まれるようにして二の丸美術館と二の丸茶室があります。
個人的な感想として、美術館は別にいいかな、と思いました。

でも掛川城御殿&天守閣で入場料¥300。美術館はプラス¥100なだけなので、お財布に大したダメージはありません。
ちなみに茶室は(確か)¥500でした。


さて、天守閣に向かう途中の本丸跡地には花がたくさん植えられています。

中々綺麗でしたよ。


階段を上って天守閣を目指しましょう。

 
 
こちらは上から先ほどの御殿を撮影。



天守閣内のパネル展示は中々興味深かったです。
掲載はしませんが、片っ端から写真撮影しました。
 
ホントはこのあと掛川花鳥園に行きたかったのですが、諸事情により断念。。。
また何かの折に…
ちなみに、日程的にはコチラの続きでした

焼津ICのすぐ側、焼津さかなセンター(HPはコチラ)。
焼津といえば全国屈指の水揚げ高を誇ります。やっぱりさかなセンターは外せませんよね!!
過去に何度となく訪れているのですが、魚介類だけでなく、実はソフトもいっぱいあるのです
静岡に出掛けると必ず寄ります^^

遡ること2年前、選んだソフトは…安倍川ソフト

「小倉あん」と「きな粉」のミックスソフトです。
一応ツートンカラーなのですが…写真だと全くわかりませんね^^;
味は名前そのまま。きな粉の粉っぽさが口に若干残りますが、私は何故かこれが好きなんです。

相方は抹茶ソフトを食べていた模様。 「ゲテモノは絶対に食わん」と冷たい目をされました

 
ちなみにこの店&センター内の別の店で、いかすみソフトわさびソフトきな粉ソフト等、色々扱っていますよ。魚だけでなく、ぜひ、ソフトも食べてみて下さい


コチラの関連記事です。
 
箱根園に別れを告げ大涌谷に向かいます。大涌谷はかながわ景勝50選の一つです。


お目当ては名物 たまごソフト!!

 

 
さてさて、お味は…完全にプリンです!!
相方は「甘い!甘すぎる!もういらん!!」とお気に召さない様子。
確かに甘い…というか、すごくクドイわ。。。
 

ちなみにプリンソフトもありました。…っていうか、たまごソフトが既にプリン味だってば~!!!


たまごソフトを頬張りながら、大涌谷~湖尻自然探勝歩道をちょっとだけ歩いてみました。

 

この歩道、雨の後でぬかるんでいました。また、狭く、巨大水溜まりに阻まれ、結局引き返すコトに…。


さて、気を取り直して、自然研究路玉子茶屋目指して歩きましょう。

もう至る所で噴煙が上がり、火山性ガスの硫黄の臭いがスゴイ!!
有毒ガスですからね、気をつけないと…。
 
「立ち入った場合、特に危険な方」の欄に“喘息の方・呼吸器に異常のある方”との文言がありました……って私じゃ~ん




特に何事もなく歩くこと15分、

 

 
玉子茶屋に到着

黒玉子GET!!

5個入り¥500。下の観光センターの売店でも売っています。
ちなみに黒玉子、1個食べると寿命が7年延びるとか。
大涌谷の酸性熱泥で茹でたものです。我々はおウチに帰ってから食べました。
 
 

この辺りから噴き出す蒸気の温度は90℃以上池の温度は80℃だそうですよ。
 
 
この火山性ガスで相方はスッカリやられた様子。
「もう気持ち悪いから帰る!!」 この言葉もあり、箱根を出ることに。。。
チッ!!他のソフトもあるんだけどなぁ


夏休み大特集…とまではいきませんが、チビッ子達の夏休み中なのでご参考までに
yahoo旅日記を再編集( ..)φ
 

 
2009/7月。
相方から突然「週末は箱根に行くぞ!!」と連絡がありました。
???
何故、箱根

とりあえず聞いてみたところ「お前が行きたいって言ったんだろ!」と。。。
……そう言えば、以前「箱根の水族館に行きたい!アイスも食べたい!」と言ったかも…?
いや、確かに言った…。…ハイ、思い出しました。。


そんな訳で、とある週末、水族館HPより割引券をGETしてから車で出発。
ルート
 新湘南バイパス→西湘バイパス→TOYO TIRESターンパイクを経て元箱根へ。

1つ目の目的地が、芦ノ湖畔にある箱根園水族館だったため、このルートにしました。
ターンパイクは通行料¥700。意外と高いです。

このターンパイク、季節によっては桜、紫陽花、ススキ、紅葉など、とても綺麗な景色を眺めながらのドライブになります。途中で見晴台駐車場やビューラウンジがあるので、景色を眺めるのもヨシ!!
この日は車が少なく、快適なドライブを楽しめました
 

ターンパイクから芦ノ湖畔へ下り、箱根関所跡周辺で一度休憩。

方向音痴コンビ、芦ノ湖遊覧船を眺めながら箱根園への地図をもう一度確認。
なんだ、あとちょっとじゃん!!
 
 
遊覧船乗り場から箱根神社を通り過ぎ、10分程度。目的地・箱根園に到着!!(駐車料金¥500)
 
早速、入りましょう

水族館入館料は¥1300。
 

冒頭に書いた通り、HPよりインターネット特別割引券をプリントアウトしていけば水族館は¥1100で入れますよ。

実は水族館としては全く期待していませんでした。どうせ、大した事ないんだろう、とタカを括ってました。この考えがのちに大きく変わることになろうとは…。


まずは海水館から見学開始です。
ちなみにこの水族館、HPによると海抜723m!日本で一番標高の高い所にある海水水族館とのこと。

オープン水槽のコンゴウフグやルリスズメダイなどを上から横から観察しつつ、先に進みます。
 

サメ水槽。

 

水槽の前にはこのような展示が!!あれれ、思ったよりシッカリした解説がされているぞ…。
 

水族館の中央には高さ7m、1200tの大水槽が!!

 

200種20000匹も泳いでいるそうです
 
 
正直、箱根の山の中に海水水族館ってどうよ!?って思ってたのですが、展示も工夫されているし、結構な規模。バカにしてホントごめんなさいm(_ _)m
個人的な好みですが、かなり好きな部類です

 
 
ペンギン水槽手前の頭上にはトンネル水槽…じゃなくてブリッジ水槽。

写真下部は奥にあるペンギン水槽です。

 
 

ちなみにペンギンは6種類(キング、ジェンツー、マカロニ、マゼラン、イワトビ、ケープ)もいます

 

この水族館で私が気に入った展示方法はこの魚眼レンズ

大水槽を覗くためのこの小窓の魚眼レンズ、これがなかなか面白い!!
ただ大きな水槽を正面からドーンと見るのもいいけど、こんな仕掛けがあるとより楽しめます。
 
 
こちらは魚眼レンズじゃない小窓から撮影。

 



この他、チンアナゴ・オウムガイ等の水槽、カニ水槽、熱帯魚水槽があります。

 
 
熱帯魚水槽より、ミヤコテングハギ(…のはず)。

くちびるがセクシーでしょ?



ここを抜けると淡水館。
芦ノ湖の魚、日本の淡水魚、アマゾン川の魚などがいます。
 
 
アフリカ・マラウィ湖に棲むスキアエノクロミス フライエリィというこの魚。

マウスブリーダーと呼ばれ、♀が数十個の卵を口に含み、3週間後に稚魚を吐き出すんだとか。

 
でも、何といってもココの売りは…

バイカルアザラシ広場!!

ここではバイカルアザラシ7頭、ワモンアザラシ1頭がいます。
 

ココのアザラシは一味違う!!
平日は1日2回、土日祝日は1日3回のショーがあるのです!! 詳細はコチラ

 

ちなみに日本でバイカルアザラシを飼育しているのは9館のみ。そしてショーを行っているのはもちろんココだけ!!
これについては、バイカルアザラシがとても臆病で技を教えにくいというのが最大の理由だそうです。物音だけでなく飼育員さんの服装にも敏感だとか。
その警戒心を解いてショーを行っているのですから、頭が下がります。。。

 
実際のショーは超自由!!
アザラシくん、輪投げ・ビート板・ジャンプなどしてくれるのですが……従わないことも!

 

 

 

飼育員さんの言葉を全く無視してスイーっと泳いでたり、4頭で一緒に1つのビート板を運んできたり。その自由さが、なかなか楽しいです
 
(写真で白く光っちゃっているのがビート板)
 
 
コチラはショーが終了してからの1コマ。

 

 



このアザラシ館の人気者・ビリー君。

 

前脚でタライを掴んで、頭に手ぬぐいをのせるというパフォーマンスをするんです(というかコレしか技がない)。

ちなみにこのショーのベストポジションはプールの右側です(2009年当時)!!
ビリー君が右端にいるんですね。他のアザラシも右側に寄る傾向にありました。
私は左側に陣取っていたのですが、完全に失敗!!皆様お気を付けて。。。
 

これで今回の水族館鑑賞は終了!!!

ホント、大した事ないなんて言っててゴメンナサイ…
 反省してます
かなり楽しめましたし、思ったよりも工夫されてて、ホントびっくりしました。皆様、箱根に行った際には立ち寄って癒されてみて下さい

あざらし2号

Author:あざらし2号
FC2ブログへようこそ!