FC2ブログ
2011 / 06
≪ 2011 / 05 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2011 / 07 ≫

日程的にコチラの続きになります。
 
岩手にて、ピチピチの(!?)大学院生だった2006年10月。3連休を利用して、東海地方の動物園水族館を巡りました。この時の旅の拠点は相方のいる静岡。
3連休前日に岩手から静岡に向かい、静岡から日帰り圏内の3館を3日間かけて巡りました。第2弾は豊橋総合動植物公園、通称のんほいパーク
元記事はコチラ ( ..)φ
 
 
場所ですが、東京方面からだと、東名高速・浜松ICで降り、国道1号線を豊橋方面にひた走れば到着します。「動植物園入口」の信号が目印。
入園料は¥600。

 

ちなみに…この“のんほいパーク”は動物園・植物園・自然史博物館・遊園地で構成されています。
でも私の目的はあくまで動物園なので、今回は動物園のみを回ります。
 
 
この日は10月なのにとても暑く、その影響でしょうか、私のカメラワークがいつにもまして微妙なんです。帰ってから写真を確認してみたら、ヒドイのばかりでした。

 

ピントが微妙だったり明るすぎたり。
 
え?ヒドイのはいつも…?
そうかも。。。
 
 
本日のお気に入り。

 

頭隠して尻隠さず
 

コチラは人気者ペンギン。

 
 
アフリカ園ではキリンやエランド等、草食動物達がのんびりしていました。

 

 

コチラ、ピントがずれてて見にくいのですが、オランウータンの親子です。

暑いけど、ぴったり寄り添ってて…うん、可愛いわ
  子供は、おそらく2005年生まれのウランちゃん。


毎度、この手の檻を見ると思うこと。

この中に入って写真を撮ってみたい、悲愴な顔で檻を掴んで…!!
 

さて、これはカンガルーでもワラビーでもなく、ワラルーです。

 

初めて見ました。
ちなみに、クジラとイルカの違いみたいなもので、「カンガルー>ワラルー>ワラビー」って訳です。ただし分類学的な区別ではないそうですが。
 
 
極地動物館では…ホッキョクグマがのんびりと睡眠中でした。

2006年当時、確か3頭いたような??
ココにいたキャンディ(♀)は、2011年3月に札幌円山動物園へ移動しました。ということは、今は2頭体制ですね


 
この動物園、広くて回るのはなかなか大変でしたが、とても楽しかったです

でも…今度はちゃんと植物園も博物館も回ろう、そしてまともな写真を撮ろう…と心に誓ったのでした。。。 最強クラスのピンボケっぷりでした
 
 
ところで…現在、アジアゾウのアーシャー(ブリーディングローンで上野動物園から貸出中)は妊娠中。
無事に産まれたら再訪ですね^^


これはアーシャーではなく、旦那様のダーナ(♂)ですよん^^

スポンサーサイト



先日、あわしまマリンパークの近くに伊豆三津シーパラダイスという水族館がある、と紹介しましたが、せっかくなので、その水族館の紹介をば!
元記事はコチラ
 
岩手にて、ピチピチの(!?)大学院生だった2006年10月。3連休を利用して、東海地方の動物園水族館を巡りました。この時の旅の拠点は相方のいる静岡
3連休前日に岩手から静岡に向かい、静岡から日帰り圏内の3館を3日間かけて巡りました。第1弾は伊豆三津シーパラダイス



伊豆三津シーパラダイスは東名高速・沼津ICより一般道で30分程度。この水族館は、沼津市の内浦湾に面した水族館で、日本で初めてバンドウイルカの飼育を行なった中之島水族館が前身です。
ちなみに入館料は¥1900です。
インターネット割引券もあるので、活用してみて下さい^^
 

意外にもセイウチがいてビックリ。(出発前に一切調べなかったので、勝手に小さくてマイナーな水族館と勘違い^^;)
さて、私はダルマオコゼが好き…!理由:変な面好きなので!!
 
 
コチラは内浦湾。

 

この水族館はこんな所にあるのです。あわしま同様、景色は抜群ですね。
 
 
オットセイはこんな感じで飼育されています。

実に解放感たっぷりじゃないですか!
 

 

ナイスショットでしょ!
ゴロゴロしているこいつ等を見ていたら、当時、ものすごく羨ましくなりましたヨ。
今、振り返ってこの写真を見ると…羨ましいという気持ちがさらに強くなっていました。
疲れてるのね、私…^^;
 

一応、ちょっとした抗争はあるようですが、傍目に見て、のんびりモードでした。
 
 
ペンギンも似たような状況下にいました。

 
ラッコの標本(剥製&骨格)なんてものもありましたよ。

実はココ、三津シーはラッコの飼育も日本の水族館で初めて行なったんですって!
 
 
イルカとオキゴンドウのショーも実に開放的!!

 

 

 

 

 

 

あわしまのイルカショーもこんな風に天然のプールでしたし、三津シーも含め、伊豆エリアの水族館は立地は最高ですね♪
 
この水族館、とっても私好みでした。きっとこれから何度も足を運ぶだろうなぁ。
(と言いつつ、2011年6月現在再訪に至っていないのですがf^^;)
ちなみに、この時は時間の都合上あわしまマリンパークには立ち寄れませんでした。残念!

実は2010富士サファリ&あわしま訪問には続きがあって…
 
東名道・日本坂PA(下り)で、恒例のご当地ソフト&アイスで〆!
 
よく見ると牛乳ソフトと抹茶ソフトもあるのですが、ここはやっぱり、そんな普通のソフトじゃなくて…


 
ジャージー牛乳ソフトの甘酸っぱい苺のソースがけ (季節限定、¥400)

ジャージー牛乳ソフトは掛かっているジャムもコーンも美味しくて、なかなかのヒット作
 
 
抹茶もちどら入 限定抹茶パフェ (毎日10食限定、¥580)

18時過ぎていたはずなのですが、10食限定のパフェは残っていました
「もちどら」はなかなかの美味!抹茶ソフトは苦みがそれほど強くありませんでしたね。

 
難点はどちらも高いことでしょうか。でも、その分、量は多いですよ

日程的にはコチラの続きとなります
 
富士サファリの後に立ち寄ったあわしまマリンパーク
小じんまりした水族館で滞在時間も短かったので、yahoo旅日記ではかなり割愛してしまいました(コチラ)。という訳でちょこっと再編集( ..)φ
 

 
あわしまマリンパークは静岡県沼津市の内浦湾にある淡島にあります。
東名高速・沼津ICから30分程度で、近くには伊豆三津シーパラダイスという別の水族館もあります。
この日、人生お初のあわしま。
実は一度、上記の伊豆三津シーパラダイスの帰りに立ち寄ったのですが、到着時間が遅く既に入場できなかったのです。
 
そう、実は時間制限があるんです。
という訳でお時間には十分注意して下さい。あわしま行きの船の最終が15時30分だそうです。
 
富士サファリを出たのは14時ちょい過ぎ。
思いつきで設定した目的地・あわしま到着は15時15分…本当にギリギリでした
 
 
今回、私にとっての嬉しい誤算は割引料金。
HPの割引券だと¥1500→¥1300なのですが…15時以降の入館は¥1000なんだとか!
ラッキー♪
もちろん予定にはなかったので、割引券は移動中にケータイHPからGETした訳ですが、そんなに必死になって割引券を探さなくてよかったのね
 ホントにラッキー♪





船で淡島に渡ると、こんな感じの小じんまりとした水族館があります。

あの椅子は、イルカショープールの席ですヨ。
 
 
この水族館、何となくお気付きかと思いますが、それほど大きな水槽はありません。
しかしイルカプール(って海ですね
)、アシカ&アザラシプール、ペンギンプールがあり、その他にカエル館もありますよ。

 
さて、館内に移動しましょう
 
 
「折り紙で作ったあわしまの仲間たち」の中に、まさかの柴犬が!!
どういうこと~
 ま・さ・か…館内の何処かにいるの!?

 

ありゃりゃ、水槽まであるよ
 
 
こんなパネルが好き

カツオもスゴ~ク速く泳ぐイメージがあったけど、実はサケよりも遅いのね。
 
 
なかなか珍しい生き物の標本も展示されていました。

ラブカ!!
分布域は広く、ほぼ全世界の海域から知られています。日本では相模湾や駿河湾で比較的多く見られ、水深1500mまでの深海に生息しています。数が少なく、比較的海の深い所に生息する種であるため、観察が難しく詳しい生態はほとんど分かっていないんですよ。ちなみにサメです
 
 

あわしまマリンパークと三島にある国立遺伝学研究所が共同研究しているようですね^^
 
 
メンダコとサメハダホウズキイカ!

 

ほらほら、とても珍しいって書いてあるでしょ♪
 
 
一般的な魚達に戻って…私が愛して止まないミノカサゴ

 
トラギスもいますよ。

 
 
概して、魚というものは意味不明なヤツラが多いです。

性転換ってなんやねん!  なんて不思議なヤツラでしょう
 
 
マイナー且つ閉館間近の水族館、なんて空いているの!!

 
 
さて、わたしの記事にしては珍しいカニ。

コチラはアカイシガニ。
 
 

コチラはソメンヤドカリ。
普段はあまり興味がないのですが、たまに妙に気になるもの。それがカニ!!
 
 
さて、15時以降の入館でもイルカショーを見ることができました。全てのショーやイベントを見なくてもいいや!という人であれば、15時以降の入館ってお勧めですよ

 
2人のイケメンお兄さん(??)と解放感あふれるショープール♪

 

 

 

 
 
アザラシ達は元気に泳いでいました。(ちょっと水が緑ですね~^^;)

 

 
 
最後にもう一度館内へ。

おさかな博士が水槽前で説明中でした。ちょっと人が増えましたね


さくっと1時間程度でしたが、バッチリ楽しめたと思います。  それでは帰りましょ!


 
サファリゾーンを抜けて、ふれあいゾーンに入ってすぐの売店で売っているのは、
(¥300だったかな?)

写真では判り難いのですが、牛乳とゴマのミックスソフトです。
うんうん、確かにゼブラですね^^
 
可もなく不可もなくホントに普通ですが、外れはありません
ご賞味あれ~


前記事の2008年6月の富士サファリ訪問をうけて…2010年は!!
元記事はコチラ。( ..)φ

富士サファリに入場するにはポイントカードが必要です。

入場料だけでなく、中での買い物やレストランでも¥100につき1ポイントが付与されます。
100Pで1枚分の無料券に引き換え可能で、有効期限は2年間となっております!

2008年再訪の際、ついに200P貯まり、無料入園券2枚分と引き換えました。
 
それから2年…
気付いたら有効期限である6月8日は間近に迫っていました。
そんな訳で、2年ぶり4回目の富士サファリパーク



予定通り無料入園券利用。
と・こ・ろ・が…!!
中に入った途端、予想外の雨が
何だ、私に喧嘩売っているのか!?って感じでしたよ。。。(山の天気が変わりやすいだけですね
)


私は毎回マイカー入場なので関係ないのですが、この日のサファリバスは私の到着時で既に3時間待ちになっていました。昼間にはサファリバスに乗ったことがないので、ちょっとビックリです。。。
実はこの日、ウォーキングサファリに初挑戦しようと思っていたのですが、雨が降ったり止んだりなので断念しました。


という訳で、とにもかくにもまずはサファリゾーンへ。

雨が降ったために窓が水滴で濡れてしまい、写真が撮り難いこと!
でも、気合で頑張りましたよ


 

努力の結晶・チーター! これはよく撮れていた方です
 
 

 

 

 

 

 

 

雨が降ろうと、動物達は関係なく寝たり暴れたりしてました。ま、そりゃそうよね
 
 
サファリゾーンを抜けて、ふれあいゾーンに入ってすぐの売店でソフトを食べたのですがこれは別の書庫で紹介します



さて…
日本国内では、富士サファリにしかいないリカオン。2008年にはいなかったぞ??

 

 

リカオンは犬の仲間。何だかシマハイエナに似ている気がします。
私が見ている間は一度も起きませんでした


 
そして実際はリカオンとは離れた場所にいますが…

2010年6月現在、富士サファリとアフリカンサファリ(九州自然動物公園)にしかいないイボイノシシ。
 

イボイノシシは映画「ライオンキング」のブンバァのモデルとなった動物だそうです。
ふ~ん、そうなんだ?イボイノシシは知っていますが、ライオンキングのキャラは興味がないので知りませんでした。
 
 
こんな子達もいますぞ。
見た目はネズミっぽいですが全く以てネズミではない、ケープハイラックス。

 
 
どうにもこうにも足が細すぎて可愛らしさを感じられないギュンターディクディク!

 
あざらし一押し・シマハイエナ♪

ブチハイエナには魅力を感じませんが、シマハイエナは妙に好き


 
コチラはどこにでもいる普通のアカカンガルー。

 

やはりいつ見てもオヤジっぽいことには変わりませんな


雨が降ったり止んだりだし、実は肌寒かったので冒頭に書いた通りウォーキングサファリを断念。
帰路に。。。とこの時まだ14時。ここで帰るのも勿体ない!
という訳で、あわしまマリンパークに向かいました。
それはまた後ほど
 
 
 

皆様、どうぞ、ココで記念撮影を

 
 
さ~て、今年7月の富士サファリではどんな動物の姿が見られるかな

1週間ほど前でしょうか。
相方が「土日に何する、何処へ行く?」という話題だけでなく、妙に富士サファリパークの話題を振ってきました。
どういうこと?
横須賀でトマトソフトを食べながら聞いてみると、「会社に7月某日まで使用可能な富士サファリパークの券が置いてあり、その券を使うと1人が入場料タダになる」とのことでした。そんな訳で、7月になったら富士サファリパークに行こうと画策中です^^
 
という訳で、過去の富士サファリyahoo旅日記2冊を写真をちょっぴり増やして再編集φ(..)
 

 
まずは2008年6月の話題から…!元の記事はコチラ
 
2008年、久々に富士サファリパークに行きたいなぁ…と思い、何かイベントをやっていないかHPを確認してみたところ、赤ちゃんライオンふれあい撮影会が…
 

という訳でHPを確認してから10日後、車で富士サファリパークへ。来園は3回目。昼間に行くのは2回目です。
東名高速裾野ICから20分位です。

さて、この動物園は初めての入園でポイントカードを発行してもらいます。入園時や買い物等でカードを提示すると、ポイントが貯まります。100ポイント貯まると2年間有効の入園無料券と交換できます。
子供がいる方はすぐにポイントが貯まるのではないでしょうか。
私もこの日の入園で200ポイント貯まったので、迷わず2枚の無料券と交換!!次回は無料で行けます。やったね
 (その時の記事もあとから公開します
)


さてさて、早速車で入園



いきなりこんな破廉恥な格好で寝てますゾ!!

 
 
多くのライオンは群れで食事中でしたが、数匹だけ個人行動(?)していました。

上のライオン、木を跨いでいます。
あの格好だと、いざという時、行動できないのでは??と心配になります。
 
 
草むらのチーター。 (写真を小さくしてしまうと見えませんね…^^;)

 
 
ゾウは何処にいても目立ちます

 
 
サイは群れて睡眠中


 
 
キリン親子。ほのぼのしてますね^^

 
 
やはりこういうブサ面が好き♪

さて、ここまでの写真は車内からの撮影。
猛獣(クマ・ライオンetc)、大型草食動物(ゾウ、シマウマetc)は車で廻るサファリゾーンにいますよ

 
 
さぁ、ここからは歩いて廻るふれあいゾーン。
 
まずは、お目当ての赤ちゃんライオン。

実はふれあい撮影会、もう終了していたようで…

抱っこしたかったのに…!!超残念。。。
 
3匹で群れる姿が可愛らしく、たくさん写真撮っちゃいました。
ただ、これは2008年当時のお姿。きっと今は立派に成長していることでしょう。
赤ちゃんの時の方が格段に可愛いのよね…

 
 
こちらはよく見るアカカンガルー。
それにしても…何処で見てもカンガルーはオヤジっぽい!!

 

何ですか、この寝姿!!破廉恥ですよ!!
と言いつつ、実はヤツをバックに記念撮影しました。
 
 
 
これはれっきとしたカンガルー。白カンガルー(アルビノ)です。
意外と逞しい腕…アカカンガルーもアルビノもそこは変わりませんな
 
 
ワオキツネザルは結構アクティブ。おしりフリフリしてて、後ろ姿がとにかく可愛いんです


 
2008年、富士サファリ。
赤ちゃんライオンふれあい撮影会には間に合わず、ちょっと不完全燃焼
次は絶対に抱っこするぞ…と心に決めてサファリをあとにしました。
で、次回は無料券使おうっと。
 
 
という訳で、この2年後に再訪することとなります


コチラコチラの関連記事です。

さて、鎌倉は円覚寺から小町通りに向かい、そこで食べたのが…
 

 茶近(ちゃこん)にて、抹茶ソフト(¥300)

実はこの時、円覚寺の寒天ジュレで満足していたため、それ程食べる気分ではありませんでした^^;
という訳で75%は相方のお腹に消えました
お味は普通の抹茶ソフト、かな。可もなく不可もなく!
 
 
この日はかろうじて雨が降っておらず、紫陽花も見頃とあって、小町通りは予想通りの激混み
もうそれ以上は何も食べることもなく、帰宅しました
 
 
 
 
しか~し、ここで終わったら全く以てあざらしらしくないので…
せっかくなので過去に食べた、鎌倉・小町通りで味わえる他のソフトを軽~くご紹介
 
 
 

全国に店舗をもつ
株式会社 杉養蜂園(HPはコチラ
)にて、
 

 
はちみつソフト(¥300?…忘れましたf^^;)
2年前、紫陽花を見に成就院を訪れる前に食べました。お味の方は、はちみつの自然な甘さがイイ感じ。もちろん甘いのですが、予想よりはあっさりしていました。
 
 
 

お次は「鎌倉と言えば!」というくらい有名ないも吉館(HPはコチラ)。

 

 
 季節モノのあじさいソフト(¥300)
見ての通り、紫いもと抹茶のミックスで、これまた2年前に成就院を訪れる前に食べました。
もちろんお味の方も見たまま。紫いもも抹茶も比較的あっさりしていた記憶が…
 
 
 
さて、最後に…

豚まんじゅう専門店
 鎌倉点心
(HPはコチラ)より、

 
 柚子のソフトクリーム!お値段ド忘れ!!
1年前の桜の季節に食べました。
オバチャンのソフトの巻き方は下手くそでしたが…この柚子ソフト、ものすごく美味しかったです。
柚子の味がしっかりしています
 そして柚子なのでさっぱりしていて甘さも控えめ。
これは本当におススメです


いつも鎌倉ではブラブラしているだけであまり食べていない気がしてましたが、
過去を遡れば意外と食べていた、と気付いたあざらしでした

さて、明月院で紫陽花を愛でたあとはJR鎌倉駅に…
と思ったのですが、JR北鎌倉駅により近い円覚寺に寄ってみました
 
臨済宗円覚寺派本山 円覚寺
1282年、北条時宗が創建。
何度となく鎌倉には訪れていますが、実は円覚寺は初めてなのです
準地元民のはずの相方も何故か初めてらしいですが…?
 

 
 
 
全く期待していなかった紫陽花もイイ感じ

 

 

 

 

 

 
さて、国宝でもある洪鐘(梵鐘)を見るためには階段をてくてく上らないとならないのよ。
アチィ~のよね、今日は…ぜぇぜぇはぁはぁ

 
 
上りきると…弁天堂の横に弁天堂茶屋があります。当然そこで喉を潤すでしょ♪

寒天ジュレ 温州みかん (¥500)
これが暑い日にはなかなか美味くて
 ちょっと高いかな…とも思いましたが、美味しいから許す♪
 
 
肝心の国宝・洪鐘はコチラ!

1301年に北条貞時が国家安泰を願って鋳造したそうです。
 
 
仏殿の天井には白龍の図が!

(前田邨監修、守屋多々志揮毫とのこと。何だか名前だけでもスゴそう
)
 
 

 
 
コチラは国宝・舎利殿

建物は唐様建築の典型として国宝に指定されているそうです。
 
 
なかなか見どころが多い円覚寺。
また別の季節に訪れてみましょう^^
ちなみに拝観料は¥300です。
 
 
さてさて、今度こそJR鎌倉駅に移動しましょうかね
 (相方がソフトを食べたいそうです
)

週末。
土曜は横須賀のすかなごっそへ、日曜は午後から人混み覚悟で鎌倉へ行ってきました
 
 
6月+鎌倉とくれば…紫陽花
 
ここ2年、この季節は紫陽花を求めてブラブラしています。
一昨年は成就院(yahoo旅日記はコチラ)へ、昨年は明月院(yahoo旅日記はコチラ)+群馬へ飛び出し渋川スカイランドパークへ(記事はコチラ)。
 

 
さて、今年は…
何となくJR北鎌倉駅で下車し、徒歩10分、あじさい寺とも呼ばれる国指定史跡 明月院へ。
明月院には昨年行っているし、今年は東慶寺や浄智寺にしようと思っていたんだけどな…気付いたら明月院にあっという間に到着
 
 
 
駅から入口まで、常に人混み。これぞ紫陽花パワー

 

明月院には青の紫陽花が多い!
 

 

 

 
 
もちろん青だけではないですが…

 

 

 

あざらし一押しは、この紫色!昨年も見て、スゴク印象に残っていました
 
 

 

種類にもよりますが、今年は全体的に色付きが薄いような…?
 

 

昨年は全く気付かなかったのですが、ウサギがいました
 
 

 
あまりの混みっぷりに、2年連続であの円窓からの景色を見てこなかったのが心残り。
拝観料は¥500。奥の方を見たければ別途¥500が必要…だったような?
 
 
この後、JR鎌倉駅に向かうはずだったのですが、円覚寺に寄り道しました^^

今週末、3~4週間ぶりに相方に会うという事で、おデートに出掛けてきました。
 
場所はまさかの農産物直売所

(その後横須賀市内を一応ブラブラしましたが…)
 
 
土曜、昼前に横浜駅で待ち合わせ後、京急に揺られて三崎口まで。
その後、バスに乗り、
 
R134沿いにオープンしたばかりの、JAよこすか葉山の産直『』へ。
 
 
…と、その前にまずは腹ごしらえ。
すかなごっその真ん前にある相模亭にてまぐろとしらす丼(¥1500)をば!

しらすは生か釜揚げを選択可能! この日の気分は生なのよ~ん。
 
う~ん、やっぱりしらすは釜揚げの方が好き…らしい。
 
 
 
という訳で、すかなごっそへ移動

 
すかなごっそは、
「よこすかの大地に育まれた新鮮野ごちそうを味わってほしい」
という思いから生まれた造語だそうですよ
実は今月にオープンしたばかり。
 
 
あざらしの目的が野菜…だけのはずもなく。。。
横須賀の関口牧場のソフトクリームが食べたかったんだな、これが
 
 
そんな訳で、今はトマトの季節だもの。
もちろんとまとソフト(¥300)でしょ!
先週トマQソフト食べたばかりなのに…懲りないですね。
でも
季節の牛乳ソフト、この日はとまとソフトだったんですぅ…^^;

赤城高原SAのトマQソフトはトマトジュースがベースでしたが、
ココのとまとソフトは根本的に違う…
 
あくまで牛乳ソフトが主役、そこにトマトが入りこんでいる印象なので、
お色はほんのりピンク、確かにトマト味ですがキツクはないです。ちょこっと果肉入り。
(トマQソフト程のインパクトはないものの、もちろんトマト嫌いな方は無理ですよ~)
 
 
また、変わったフレーバーを求めて、別の季節に訪れてみましょう
 
 
 
すかなごっそ店内では、新鮮な野菜はもちろんのこと、葉山牛も売ってま~す♪

群馬の真ん中辺り、高崎市と前橋市と渋川市に挟まれたところにある榛東村
北関東随一のぶどう郷、という以外はこれといって目立つ村ではないのですが…
 
この村の某所に、近年ポピーの里 桃泉という場所ができたらしいのです。
 
ふ~ん、上毛新聞(地元紙)と読売新聞の地域欄に載ってたの?
へ~
 で、今年からじゃなくてここ数年?…全く知らなかったヨ
 
という訳で思いつきで出掛けてみました
 
(今年はもう終わりかけなので、来年2012年に皆様どうぞ~
 → http://www5a.biglobe.ne.jp/~hakoda/hikkosi/shintoumura.popy2011.html)
 
 
 
前橋・高崎方面からだと、相馬ヶ原自衛隊駐屯地や、しんとう温泉ふれあい館を目指せばOK。さらに山側に向かえば辿り着けます。
渋川方面からだと、伊香保温泉・水沢方面から下ってくればそのうち辿り着けます。
(あくまで幟が目印ですが!)
 
温泉のレポはまたの機会に! 
 
 
さて、このポピーの里は榛東村の一番北側に位置し、榛東村12区長寿会の皆さんがボランティアで管理している休耕田の花畑です^^
 

 

 

 
盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ綺麗に見られるじゃないの~
 

 
一見、赤とピンクが多いですが…
 
こちら、私の心のようなピュアホワイト…!?

 
ピンクもこの一種類にとどまらず、

 
 
 
 
 
 
 
 
赤だって、単に赤一辺倒じゃないのね♪
 
 
こちらのピンクもなかなか良いわ~♪

 
 
 
 
 
 
 
 
おっと、これもピンクかな。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、

あざらし一押しのオレンジ
 

 

薄めと濃いめがありました^^
 
紫も綺麗ですよ♪

 
なかなか楽しめるじゃないの~♪
 

 

向こうの山は榛名・水沢方面です。
 

 

 
せっかくなら、来年は一番いい時期に訪れたいなぁ
 
 
 
全く以て余談ですが…
私と母は、ポピーを見ながらメンデルの法則について語り合っていました
あの法則ってホントに合っているのかな~?

群馬県の道の駅、関越道SAにて出会ったご当地ソフト達





 1発目!
 
国道17号沿い、渋川市(旧子持村)白井宿の一角にある道の駅「こもち」
渋川伊香保ICから約5分ってところでしょうか。近くには温泉センターがあります。
 

子持茶 抹茶ソフト (¥320)
 
地元ブランドの子持茶が主役で、味は説明するまでもなく抹茶です^^
 
 
さて、ここの道の駅、2年前にフラリと立ち寄ったのですが…
もう1つのご当地ソフト・子持りんごソフト(¥300)もあるんですよ♪ 
 1.5発目!
(この時は譽國光で大吟醸ソフト食べた後だったので、りんごソフトには手を出さず…)
 
 

 

 2発目!

これは今回の川場村・日帰り温泉の帰りに関越道・赤城高原SA(上り)にて…
トマQソフト (¥400)

これは以前から虎視眈々と狙っていたのですが…
トマトジュースがベースというだけあって、味はホントにトマトジュースそのものですよ…^^;
食感はややシャーベットに近いでしょうか。スプーン代わりのキュウリがいいアクセントになっています。
…が
トマト嫌いの人は絶対に食べたらいけませんでェェ~
 
 

 

 3発目!

同じく関越道・赤城高原SA(上り)にて…
赤城高原プレミアム モカラッテソフト (¥350)

 
「トマQソフトなんてアンタ正気!?…
と言って、母は迷わずモカラッテを選択。
当然ながら、これは外れなしです^^v
 
 
ところで、このSAのホントの一押しは沼田りんごジュースソフト(¥350)です^^ 
 3.5発目!
シャーベットのような食感で、スッキリしてて美味しいですよ♪
(と言いつつ、写真はありませんが!)
 
 
群馬出身のあざらし、群馬のソフトは食べる機会が少ないのですが、たまにはいいですね

川場村つながりで…
 
まずは2年前に食べた酒蔵 譽國光大吟醸ソフト(¥300)
 

 
 
譽國光(ほまれこっこう)は明治40年、沼田市で創業。
戦前に行われていた品評会(現在の新酒鑑評会)で関東唯一の名誉賞を受賞した蔵だそう。
沼田市の都市開発に伴い、平成になってから川場村に移転したとのこと。

譽國光・源泉の地下水は、武尊山の雪が伏流水となり数十年かけて湧き出てきたもの。
水汲みにくる人もいらっしゃるんですよ
 

 

 
 
食べないと後悔するぞ、と書いてありますし、当然食べないとですね
(元々、2年前はこのソフトを食べるために川場に出掛けたのです
)
 


(撮影協力:駄父!)
 
さて、お味の方ですが…
日本酒の風味が口の中に広がり、普通の牛乳ソフトより後味がさっぱりしています♪
香りは何となーく、という程度なので、日本酒嫌いの人でも全然イケると思いますよ。
ちなみにアルコール1%未満なのでドライバーも安心して食べられまーす



川場村でも何処の日帰り温泉にするか、これは全くノープラン
 
まずは道の駅「田園プラザ川場」にて情報収集(道の駅HPはコチラ→ http://www.denenplaza.co.jp/)。

 
ココの道の駅はお勧めです!
広いので、お子様ものびのび遊べますよ^^
 
 
 
さて、そんなことはさておき…
情報収集の結果、今回のターゲットは川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵(ゆとりあん)の日帰り入浴と相成りました
(HPはコチラ→ http://kawaba-yutorian.jp/)
 
2年前に吉祥寺に出掛けた時はまだ作っている最中だったので、その頃から気になっていたんです^^
 

(以前TVの旅番組にも取り上げられていました)
 
日帰り入浴はちょっとお高めの¥1000。
ちなみに近くには¥300の日帰り温泉だってあるのに…私にしては珍しくお値段度外視です!
 

約1年前にオープンしたばかり。まだ真新しい建物ですな。
 

 
川場温泉には源泉が2本あり、アルカリ性単純温泉のお湯は美肌効果に良い泉質(pH値9.2)。
悠湯里庵には武尊乃湯・弘法乃湯・里乃湯と三つの湯屋がありますが、日帰り入浴は武尊乃湯のみ入浴可能
やや熱めのお湯で、源泉かけ流しだそうです^^
 
この日は混んでおらず、のんびりユックリお湯に浸かれました。完全リラックスモード
 
 
個人的には秘湯や鄙びた温泉の方が好みですが、一度は訪れてみたかったので、これはこれでよかったです

実家に帰省したら外せないのは日帰り温泉
 
今回は、川場村を目指しました
関越道の沼田ICから10分程度です。
 
温泉ついでに花寺の呼び声高い吉祥寺に寄ってきましたよ。
 

 
実は2年前に父と一緒に訪れています。
(吉祥寺:yahoo旅日記はコチラ)
この時の目的は温泉ではなく「大吟醸ソフトを食べる」でした(コチラ)。

 

 
さて、話を元に戻して…
吉祥寺は1339年創建の臨済宗建長寺派のお寺。建長寺派の寺院の中で一番北に位置することから、建長寺の北の門として屈指の名刹に数えられるそうです。
拝観料は¥500。
 
この時期は九輪草と壺珊瑚、そして菖蒲が綺麗ですよ^^

 

 

 

 
 
シャクナゲもスイレンも綺麗ですぞ^^

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
さすが花寺!花だらけ!
バッチリ堪能しましたよ
 
 
この日は蒸し暑く、少し歩いただけで汗が…
(温泉日和です^^;)
 
温泉は何処にしようかな♪

金曜夜、ようやく腰を据えて通い出した病院から実家に直行
 
急遽帰省したこの週末は、久々の実家でのんびり静養と決め込みました
 
 
約1ヶ月ぶりのコタロウくん。
朝8時、何だかご機嫌斜めですが…?

朝の散歩+エサ係は、我が駄父のはずなのですが…
 
母曰く、実はこの時散歩もエサもまだだったんだとか。
オトン!!職務を全うせよ!!
 
 
静養のために訪れた実家で、朝っぱらからコタの散歩かいな。。。
 
スタンバイ、OK …

出発よ
 
 
裏の墓場でコタとボール投げ&ダッシュを繰り返すこと15分、もういいかしら…?
 
 
散歩が終わり、エサも貰い、大満足のコタさんはゼーゼーハーハー


あのね、アタイの方が疲れたよ。。。私だってこれから朝ご飯なのよ
 
 
 
昼過ぎ。
私はこらから温泉に行ってきます


コタはお留守番よ!
 
 
私は母とのんびり温泉へ行き、幸せ気分で17時半過ぎに帰宅。
 
 

この頃には…夕方の散歩係・兄上のボール投げ&ダッシュによりコタは疲弊していましたとさ

新たな情報を加えつつ、yahoo旅日記を再編集( ..)φ
 
 
先日、こんな記事がありました。
2011年5月30日放送:東日本大震災 岩手・久慈市の被災水族館が営業再開に向けて動き出しました(岩手めんこいテレビ)。
 
実は5/20頃、久慈在住の方がyahoo旅日記にこの件についてコメントを下さったので、何となく知っていました。でも…テレビでも報道されたということは確実なんだ、とちょっぴり嬉しくなりました。
 
震災で全壊した水族館。http://citykuji-kougyou.com/moguranpia/top.html
営業停止のまま最終的には再開できずに無くなってしまうのだろうと思っていたので…
場所を代えての営業となるようですが、再開のニュースは嬉しいものです。
これでまた行かなければならない所が増えました。ぜひとも再訪しなければ
 
 
そんなこんなで2007年に訪れた時の「この水族館」の話題へ
 
 

 
岩手に住んだ8年間(2000年4月~2008年3月)、結構いろいろな所に行ったのですが、まだまだ自分にとって未開の地が多く残っています。
最終学年、2007年度もあと半年弱になった10月、後輩3人に誘われて久慈まで行くことになりました。


さて、久慈までは電車だとルートがかなり限定されます。代表的なのが以下の3ルート。
1.一ノ関駅からJR大船渡線で盛駅→盛駅から三陸鉄道南リアス線で釜石駅→釜石駅からJR山田線で宮古駅→宮古駅から北リアス線で久慈駅。
このルートは時間も掛かるし電車の本数も少ないです。これは陸中海岸で1泊したい、とかいう人にはお勧め。 (今は震災の影響で無理がありますね…再開の目途もたっていません
)
2.盛岡駅からJR山田線で宮古駅→北リアス線で久慈駅。
ただし今は震災の影響で一部のみの細切れ運行のようです。
3.八戸駅からJR八戸線で久慈駅。
 
ちなみに盛岡駅から久慈行のバスもあるようです。

時間に余裕がある方は三陸鉄道に乗ってみて下さい。北リアス線からの景色はイイですよ。
ちなみに関東などからのツアーで、北リアス線に乗るのを売りにしているものがあります。
あざらしは8年間で一度だけ三鉄に乗りました(一度くらいは乗っておこうと思ったので)。


今回はもちろん車。
とりあえず久慈まで国道45号をひたすら北上しました。
途中、道の駅「やまだ」で昼食。
ここにはわかめソフトがあるのですが、この日は食べませんでした。(なので写真はなし
)
ちなみにこの道の駅のすぐ近くに鯨と海の科学館があります。
(実はココも津波の影響を受けていますが、建物と貴重な標本は奇跡的に残っています
)
 
 
さて、岩手の道は基本的に車が少ないので、皆スピード超過します。結構煽られます。でも沿岸も内陸もカーブだらけです。運転不慣れな方は気を付けて下さい。警察もたまにいます。調子にのって飛ばしていると警察の餌食となるので本当に気を付けて下さい。
彼らは民家の陰やトンネルの出口等、本当に腹の立つ場所に潜んで(時には堂々と)いますよ。あざらしも何度となく危険な目に遭いました(もちろん取り締まりの方…笑)。
 
 
腹ごしらえも済んだところで、また北上です。
ひたすら北上し、また休憩。今度は道の駅「たのはた」

コチラは国道45号に架けられた思惟大橋から撮った景色。

ありゃ、こんな所あったっけ?
実は私はこの道を通り田野畑(というか田野畑のすぐ北、普代)までは行ったことがあるのです。有名な北山崎にももちろん行っているのですが、ここは全く覚えがありません。ちなみに北山崎はここよりあと少し北です。


とりあえずさらに北上。
久慈にぼちぼち近付いてきたのでようやく寄り道(観光?)です。

まず道の駅「のだ」に近い(道の駅のやや南)マリンローズパーク野田玉川日本で唯一のバラ輝石の鉱山。坑内の一部が一般公開されている、今も現役の鉱山です。
(暗くて綺麗な写真を撮れませんでした。。。)

次はもう少し北上して久慈市郊外の久慈琥珀博物館。詳しいことはHPを見て下さい。入園料は¥500。
虫入り琥珀なんてなかなか見る機会もないし、展示・解説とも私にとって興味深いものばかりでした。久慈は国内最大の琥珀産地です。
(夢中になり過ぎて写真を撮りませんでした。。。)

ちなみに上記2ヶ所に寄ったのは鉱物(琥珀は鉱物ではないですが…)に興味がある後輩が今回の運転手だったからです。



最後は久慈地下水族科学館もぐらんぴあです。
(到着した時には既に夕方
)

石油備蓄基地のトンネルを使った地下水族館で、備蓄基地のしくみや石油について学ぶ「石油文化ホール」と「地下水族館」から成る施設です。
 
この水族館、日本動物園水族館協会HPに掲載されておらず、おかげでこの水族館の存在を知ったのが岩手在住3年目だったのです。(ちょうどその頃に全国制覇をしようと考えだした!)
8年目にしてようやく訪れることが出来ました。とりあえず水族館の全国制覇も一歩前進ですな。
 
さて、中はどんな感じなんざんしょ?


水族館の中はこのような小さな水槽がほとんどです。
この水族館には海獣や大きな魚(サメとか)はいません。
 

 

でも、小さい水族館は小さい水族館なりに楽しめるよう工夫されているものです。
 
 

 

妖精なんてトンデモナイ!!
クリオネ(正式和名はハダカカメガイ:食事シーンはグロテスクですわ
)もいましたよ。
 
 

小さいながらもトンネル水槽もありました。
 
 
もぐらんぴあを出た頃には外はすっかり暗くなっていました。
さてさて、帰りも約3時間のドライブです。でも1人だとさすがにここまで行く気にはならなかったと思うので(当時のあざらし、1人だったら絶対水族館しか寄らない)、誘ってくれた後輩達に大感謝です。

 

 
あざらしが大学時代過ごした街の周辺は震災による津波で壊滅状態になりました。
でも、冒頭のような「水族館再開」の記事を見ると…何だか元気になります。もちろん乗り越えなければならないことが沢山あるのだろうけど。。。
 
1ヶ月前、大学周辺にプレボランティアのために出掛けましたが、もちろん全く余裕なく動いていたので…次の訪問時は、ぜひボランティアがてら北上して新しい水族館に寄りたいものです。

yahoo旅日記を再編集( ..)φ

1日目は海遊館に行きましたが…

【2日目】
この日の行先は天王寺動物園なんばから御堂筋線で動物園前駅へ。ここから徒歩数分です。こちらも初来園。入園料は¥500。

天王寺動物園は日本で3番目に古い動物園。
大阪の都市のど真ん中にある、都市型動物園です


天気は微妙ですが、雨は降っていないので、全力で楽しみましょう^^

カバって水中にちょっと潜っててほとんど動かない印象があるのですが…







かなり激しく喧嘩していました。写真では臨場感が伝わらないのが残念!
いや~いいモノ見させて貰いました


フタコブラクダを正面から見てみる…

何でこんなに変な顔なんだろう…。でも好きなんです。


後ろ姿もキュート。


オランウータン、なかなか可愛らしい姿でしょ。



都市型動物園ではありますが、



さすがにサファリパークのようにはいきませんが、のびのびと生活する草食動物達ももちろんいますぞ。

この他にもライオンやゾウ、さらにはコアラもいるんです。
ちょっと予想外のコアラにテンションアップでした



そして、このホッキョクグマ・ゴーゴくん(♂)、実は2008年当時より結構有名でした。


釧路市動物園の、♂だと思ったら♀だったホッキョクグマ・ツヨシのお婿さんに立候補中でしたから。

さて、嫁取り問題はどうなるのでしょうか?
…と思っていたら、今年になってまさかの浜松・バフィンの嫁入りが決定。
3月より、なかなか仲良く暮らしているようですよ。今後の2世誕生に期待です^^


で、この日のゴーゴくん、とてもアクティブ。


















木を銜えて振り回す→プールに投げ落とす→プールに飛び込む→木を銜えて…の繰り返しでした。
若いし、いつも活発なのかな~


最後にはかっこいい立ち姿を披露してくれました。

うんうん、大満足


あとは帰るだけなので、のんびり新大阪駅でお土産を物色してから新幹線で帰路につきました。


海遊館も天王寺動物園も地下鉄からのアクセスがいいので、何かのついでに何気なく立ち寄るのもいいかもしれません。

私は仕事柄出張は基本的にないのですが…  奇跡的に大阪出張とかないかな~


前記事で、浜松市動物園のホッキョクグマ未亡人(じゃなくてクマか)・バフィンが天王寺動物園のゴーゴくんのところに御嫁入りした、と書きました。

という訳で、天王寺のゴーゴくんのところに出掛けた時のyahoo旅日記を再編集( ..)φ




以前より「京都に寺社仏閣を見に行きたい」と相方・家族・友人に言っていたのですが、2008年秋、ついに相方から「京都に行きたいなら行くか?」とのお言葉。
よーし、やったね♪
京都の何処に行こうか、と計画を練り始めたら、相方は誘ってきたものの京都、というより寺社仏閣にはあまり興味がない事が判明。
さらには「俺、せっかくならジンベエザメ見たいんだよね~」とな。
ちょっとちょっと…それは海遊館に行きたいということじゃないの!

せっかく遠くまで行くならお互い楽しめた方がいいので、予定変更。京都でなく大阪に行くことに。



【1日目】
11月8日、とりあえず新幹線で新大阪へ。
新大阪駅でOSAKA海遊きっぷを購入。これは海遊館の入場券と大阪市営地下鉄の一日乗車券がセットになったもの。もし海遊館に行き、且つ地下鉄も乗り回す予定ならこの切符、すごくお勧めです!!
お値段は¥2400。ちなみに海遊館の入館料は¥2000ですから。

今回は動物園にも寄りたいため、1泊2日。難波にホテルをとっていたので、新大阪駅で買った海遊きっぷを即利用。ホテルで荷物を預かってもらい、海遊館へ向かいました。
なんばから御堂筋線-中央線と乗り継ぎ大阪港駅へ。ここから徒歩数分で海遊館に到着です。実は初・大阪ですから、もちろん初来園です。


綺麗に撮れないのが残念…ラッコです。



コチラは相方が見たいと言っていたジンベエザメ。



コバンザメくん達もジンベエと一緒にゆったり泳いでいます

ここには2頭いますよ。



ちなみにマンタもいます。


ラッコ同様、綺麗に撮れなくて残念。。。


マンボウもいますな。



人気者、勢ぞろい

種類に関しては、さすが日本有数の水族館ですぞ。









ついついジンベエザメみたいな珍しい展示生物に目が行きがちですが、もちろん他にも見所はありますのよ


帰る頃にはすっかり暗くなって、こんな風にライトアップされてました。




ライトアップの中、2ショットで撮影するカップルが多いこと多いこと。
我々はライトアップにそれほど興味のない、例外カップルなので、チラ見だけで終了



海遊館は天保山のウォーターフロント再開発プロジェクトの中心施設。
すぐ側には天保山マーケットプレースがあります。実は海遊館に入る前にこの中の「なにわ食いしんぼ横丁」で腹ごしらえしましたが、あくまで水族館優先だったので駆け足でした。
次はもう少しユックリ遊んでみたいエリアです



ゴーゴくんのことは次の記事へ…

yahoo旅日記を再編集( ..)φ

2005年5月22日、大学時代の大親友が入籍し、沼津で結婚式を挙げました。

当時大学院生として岩手に住んでいたものの、そりゃもうどんなに遠方だろうと当然出席した訳で…

でもでも…
せっかく静岡県に用事があるんだから、という訳で
動物園水族館全国制覇の一環として行っちゃったんですな、浜松市動物園に。


まず20日に大学のある岩手から静岡へ移動。
相方が当時より静岡県中部在住なのでココが今回の拠点となります。



まずは東名高速で浜松へ移動。

浜松市動物園は、舘山寺温泉の近くにある市営の動物園。ちなみに初来園です。

この日は5月にもかかわらず、気温が26℃!夏かよ!


動物達も暑いのでだらけきっております。。。



ダラダラ~



こちら、ライオン夫婦。

ねぇねぇ~



ねぇ~ってば~


この後、♀がキレる!! ガルル~




うんうん、わかるよ。暑苦しいよね^^;


♂、ショボ~ン。。。




そんなにチラチラ見ても、相手にされていないんだから、諦めようよ。


猛獣シリーズ、こちらはトラ。






人気者レッサーパンダもいます。





こちらも人気者ホッキョクグマ。




2005年当時、浜松にはジェイソンとバフィンという2頭のホッキョクグマがいました。
ジェイソンは2010年2月に亡くなり、バフィンは独り身に…
そして、2011年3月に、天王寺のゴーゴくんのところに御嫁入りと相成りました。

先日写真を見返していたら2ショットを発見したので、ついつい掲載^^


これはジェイソンとバフィンのどっちだろう? たぶんバフィン。

結構ナイスショットでしょ




冒頭の通り、この日は夏日。
ホッキョクグマ2頭のうち1頭がプールの中にほとんど入りっぱなしでした。
そりゃ、26℃じゃ暑いよね。。。私だって暑かったもの。

こんな感じで、入園料¥400で初・浜松、バッチリ楽しめました




動物園をあとにし、舘山寺道路(有料)を通り、浜名湖にある東京大学の附属水産実験所に移動。

ここには友人、後輩がいるので立ち寄りました。


コチラは実験所から見える浜名湖。


夕方、先生&後輩とビールで乾杯。

今回の運転は相方だし、私がお酒を飲んでも何の問題もなし。でも翌日は結婚式だから飲みすぎ厳禁。
翌日に響かない程度の時間に浜松をあとにしたのでした




心残りは、私の大好きな競艇に行かなかったこと。実験所は浜名湖競艇のすぐ側。しかもレース開催中でした。
この際だから、動物園水族館全国制覇だけでなく、競艇場全国制覇も目標に加える…!?

すっかり忘れてましたが、5月中旬に実家に帰省しました。
 
留守番要員として呼ばれたので、特に何処にも出掛けられなかったのですが…
せっかくなので、今までやりたくてやりたくて仕方なかったことを。
 
 
洗濯!
洋服じゃなくて、ウチの虎太郎(コタロウ)の!!
 

夏服ならぬ夏毛になって、ちょっとスッキリしたコタさん。
これから初めての洗濯、もといシャンプーですよ~
 
 
朝の散歩だと思い、小屋から飛び出してきました。
 
ふふふ、私は今から近所のコメリに、キミのシャンプーを買いに出掛けるんだよ~ん
 

 
そうそう、今のうちにリラックスしておくがいい
 
 
 
20分後、犬用シャンプーと、水分吸収のよいタオルを購入し帰宅。
 
庭に大きなタライを準備し、(よりによって、ぬるま湯じゃなくて)水道水を張り、シャワーの代わりにバケツに水を汲み…
準備完了♪
 
 
 
コタを抱えて…
タライにドボーン


予想通りの硬直!
 
 
しばらくは大人しくプルプル震えながら洗われていたのですが、コタのくせに一瞬の隙を逃さず…
逃走



 
何とか追いついたものの、コタは木の下で降参ポーズ。案の定泥まみれに…
 
 
仕事前の父を呼びつけ、コタを押さえつけ、何とかもう一度洗濯、洗濯!
 
その後バケツの水を掛けまくり、微妙に泡が残っていたものの、コタに本気で嫌われる前に終了。
ドライヤーも使わず、とにかくひたすらタオルドライ
 
何となく濡れてるけど、この際、まぁいっか。
 

僕、疲れ果てました。。。父ちゃんもあざらし姉さんも嫌いです。。。
 

写真だと綺麗になったのか全くわかりませんが、獣臭が消え、シャンプー臭に。
 
 
数時間後。。。

喉元過ぎればなんとやら…もう散歩の催促
 
 

散歩後は小屋に帰宅。
あ~小屋も洗えばよかった…獣臭の温床。。。
 
 
 
自己満足のコタの初シャンプーでした^^

あざらし2号

Author:あざらし2号
FC2ブログへようこそ!