FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

コチラの続きです。

池田動物園を楽しんだ後は直ぐに岡山駅でレンタカーを返却。
よしよし、24時間以内で返却できた

¥5000強が浮きましたゾ


実はこれを狙ってたの

というのも、まずはスタッドレスタイヤ付きレンタカーが7人乗りしか取れなかったんです…( ̄▽ ̄;)

しかも、いつもトヨタのカード割やらWeb決済割やらで35%お安く借りるのに、
今回のクラスはカード割もなく
、スタッドレスは電話対応のためWeb決済割もなく

しかも当初13時~翌日16時で申し込んだため、保険やスタッドレス料金が2日分加算され、
24h+2hで合計¥22140だったんです。
痛すぎる…(||゜Д゜)ヒィィィ!

で、色々考えた結果、湯郷温泉をぶらつかないで動物園に直行したので、
24時間未満での返却、保険やスタッドレス料金が1日分返金対応で
、合計¥16200となりました。
いつものクラスなら¥11000ってところだったので、、、これでも予算オーバーですけどネ



冬場は雪のこともありますし
、レンタカーは早めに予約するのをお勧めします。
地域にもよりますが、冬だから全車スタッドレスに履き替える訳ではありませんよ!
少なくとも岡山駅のトヨタレンタカーにはノーマルタイヤの車が存在しました。


駅ビルでお昼を食べてから(コチラはまた後ほど!)、コインロッカーに荷物を預けて…
と言いたいところですが駅のロッカーは全滅Σ(・ω・ノ)ノ!


結局、あざらし家は新幹線改札横の手荷物預かり所に預けました。
普通サイズのスーツケース+エコバッグ程度なら¥500なのでコインロッカーと同等でしたし、
新幹線に乗るなら場所的に寧ろその方がイイです



さて、あざらし家、これで身軽になったので電車に乗りますよ~




全ては時間や天気次第と思っていたので、実は行き当たりばったりなのですが…
これから宿泊先の神戸ではなく、倉敷に向かうことにしました



風は強いし寒いけど天気は良かったので

倉敷美観地区をちょこっとだけ散策しようと思いましてネ


2009年にツアーで美観地区を散策したことがありますが、
その時間の半分位を倉敷アイビースクエアで過ごした記憶が



今回ですが……
願わくば、倉敷で散策しつつスイーツを食べたい


初めは岡山市内でスイーツを
とも思いましたが、岡山市内にはもう用事がナイっつ~か…
倉敷で散策がてらスイーツの方が楽しめるっつ~か??笑

そんなこんなで短時間滞在ではありますが倉敷です(`・ω・´)ゞ

相方&ちきポンは初・倉敷
なので、景観を堪能しつスイーツですなっ

ま、色々なお店はありますが、目的のお店はもう決まってるので無視します



で、スイーツのお話は一旦置いといて…(後ほど忘れた頃に

)
散策を楽しみましょ


あ、こんなのいきなり発見

気になるけど、昼ご飯は食べてるので無視無視

相方曰く「失敗したかも。こっちの方が美味そう…」 …それは言っちゃダメ~~!

これも気になるけど、お目当てのスイーツは決まってるから無視無視











ココまで来るとヒトが格段に増えます

…という訳で、


家族写真
GET~~

抱っこ病のちきポン、この辺りでようやく歩く気になったようで…
よかった…開放された~


ちきポン、2歳0ヶ月、体重11kg(2月中旬当時)。
長時間の抱っこがしんどくなってきました。笑
















さて、岡山と言えばデニム
何と言っても児島が有名ですが、
この倉敷美観地区に2014年にOPENしたのが倉敷デニムストリート!

児島産のデニム製品や、デニム製の小物雑貨や装飾品等が置かれています。

あざらし、ジーンズ大好き


妊娠中じゃなければ児島に行き、某デニムメーカーでオーダーメイドでジーンズを作りたかったんです

ま、それは無理なので諦めますが~~~


倉敷デニムストリートでちきポンのジャケットとあざらしの帽子を安価で購入!!
児島ジーンズだけでなく、実は児島以外のブランドも取り扱っているので、今回は雰囲気を味わった感じ

次はちゃ~んとオーダーメイドジーンズを作るぞ


名物のデニム○○も味わいたかったけど、次の楽しみに取っておきます



一通り楽しんだので、岡山駅に戻って神戸に向かいましょう




神戸のお宿は取るのにチョット苦労しました。
直前に神戸行きを決めたため、まずは土曜だから宿がナイ
そもそも高い

何とか取れたのは神戸ポートタワーホテル なごみの湯宿

ちなみにコチラもじゃらんnetで予約!
★神戸の街中で温泉気分♪★人工温泉と岩盤浴で日頃の疲れを癒しませんか?★選べる朝食付
というプランで、大人2人・幼児1人(食事・布団なし)¥20000/3人



予約がある意味チョット難しかったのですが、正確には¥20000/2人での予約でした。

というのも、小学校低学年まで添寝無料で、
小学校低学年の子供の添寝を希望の場合は(幼児・食事のみ)の選択なんです。
あれ、ガチの幼児はどうなるの


添寝、食事なしの選択の場合、2人での予約だった
って訳です。
web決済がなかなか進まず焦った~

狭~い!!本当に寝るためだけの部屋って感じ


和室(=なごみの湯宿)泊は大浴場に入り放題ですが、部屋はバス・トイレ無し、小さな洗面台があるだけ。
1人で、もしくは2人で泊まるのが正解かな~


朝食はチェックイン時に選択でき、あざらし家は和洋バイキングにしました。

可もなく不可もなく!
8時過ぎると長蛇の列になるので、早めの着席が吉ですね



ちなみに須磨にも2ヶ所、温泉と国民宿舎を押さえましたが、色々と考えた結果、そちらはキャンセル

でも水族館に行くなら須磨泊も有りですよ~


あざらしは水族館に行ったことがあり、
今回行くか否かは状況次第って思っていた故、須磨泊キャンセルと相成りました。


このホテルのコチラのプラン、夕食なしデス。という訳で、何処かに食べに行きましょう


で、実は直前にブロ友・スナフキンさんに相談しました

そして教えて頂いた4店舗の中から選んだお店は…また後ほど別記事にて紹介します


美味かった~~~!!とだけ、言っておきましょ~


とりあえず、外での充実した夕食後は、ホテルの大浴場で温まり、狭~い部屋で就寝っ



只今、ブログ村に参加中です(。・ω・。)ノ♡


大方の予想通り、スイーツ部門で健闘中!
皆様のポチ、待ってま~す!笑

スポンサーサイト



コチラの続きです。

【2日目】
宿泊したのは湯郷温泉。夕方、玉野からの移動だったので到着した頃には真っ暗でした


朝になり…

散策したいのはやまやまだったんですが、色々計算した結果、取り急ぎ岡山市内に戻りま~す


目的地は初訪問の池田動物園です


ココ、本当は1日目に行く予定でしたが、とある事情で2日目に変更!!!

というのが、2/11~1364th 開園記念感謝デーで、入園料が半額
でしたの



だって、ココ、市立でも県立でもナイから、入園料¥1080とお高い

それが半額なのはオイシイ以外の何物でもナイ



このため、旅程や行先が直前に変更だったり、当日風任せになったりしました

あ、駐車場料金¥500です。
ちなみに岡山駅からバス+徒歩という手もありますが、子連れなら車の方が絶対に楽です


尚、園内は結構坂道なので、ベビーカーだと厳しい場所もありますよ



あざらし家、ふれあい広場からStart!

ま、触れ合ってませんが


そのふれあい広場の横に、井笠鉄道の蒸気機関車と西大寺鉄道の客車が展示されてます。



自由に乗ることができ、ちきポンはこれにド・ハマリしてました




エゾヒグマを真剣に見てたかと思うと


客車に逆戻り…

最後は強制連行でした。笑


ベンガルトラのヒロくんは日本最高齢のトラ。この日はごく稀にしか放飼場に出てきませんでした。





珍しいところではホワイトライオン!木下サーカスからやって来たそうです。



ホワイトライオンって、チョ~ットだけ白っぽいライオンってだけなので、結構落胆するヒトが多いみたい。笑
チョ~ットだけ白っぽいライオン、実はかなり珍しいんですよ


ちなみに別の離れた場所にフツーのライオンもいました。


ブタオザルは尾に特徴があるのですが、、、
ケツだ、ケツ!ケツ見せろーーーっ!!笑



ブタオザル以外にもワオキツネザルやエリマキキツネザル、フクロテナガザルやリスザルもいました。



鳥類は鳥インフルエンザの影響で触れ合い禁止でしたが、見学自体はできました。





一応さかなコーナーもありましたが、しょぼくれてたので割愛!!


ブチハイエナですが、1頭だけ離れた檻にいました。




生後5日目頃、母親に運ばれている時に背中に傷を負い、今まで母親と離れて生活してるんだとか。
丁度飼育員さんが檻の中にいて、色々説明してくれましたよ。



特定外来生物のヌートリア。

記憶が確かならば、たぶん姫路の水族館でしか見たことありません



同じく特定外来生物のキョンもいました。

珍しいなぁ~



日本最高齢に…というパネルがあったので、池田動物園にそのレッサーパンダがいるのかと思ったら、
池田動物園生まれで別の園にいるレッサーパンダが最高齢になったってことみたい



な~んだ、紛らわしい( ̄д ̄)




プレーリードッグとミーアキャットは(モチロン仕切りはありますが)、同じ放飼場にいました。





アメリカバイソンやアメリカバクがいたかと思うと




ジャージー牛やイヌがいたり…



結構振り幅が大きな動物園だなぁ~という印象ですネ



ゾウはお亡くなりになった後で、今はその放飼場が空いた状態。

ココ、何が入るんでしょう??

キリンもいましたが、屋内外を行き来してて、あざらし家が見てる時はほとんど屋内にいました。



これでほぼ廻り切ったかしら


見ての通り、施設としてはかなり古~~い動物園で、檻が邪魔して撮影には不向きでした






ココ、本っっ当に半額の時に入れてよかったです


民営だから仕方ないんですが、サファリ以外の動物園で¥1080を払うのってやっぱり躊躇しちゃうので


あと、
の他にもペンギンやコツメカワウソ、シマウマやアカハナグマ等がいたり、
動物種は意外と多いけど、如何せん檻が邪魔して見難くて…



岡山市内の幼児連れ家族は年パス買ったりしてるのかなぁ…(。´・ω・)?
※年パスは4回でようやく元が取れる


ま、幼児連れであっても、さくさく見れば1時間、時間掛けても2時間あれば十分に廻れます


それではあざらし家、これから岡山駅に戻り、レンタカーを返却しま~す



------
あ、そうそう、昨日朝、仔あざらし2号となる娘を産み落としました

ブログはそんな事情は何も関係なく、フツーにUpされていきます。
何しろ結構先まで時間指定投稿してあるので、、、お付き合い頂けますと幸いです




只今、ブログ村に参加中です(。・ω・。)ノ♡

 

大方の予想通り、スイーツ部門で健闘中!
皆様のポチ、待ってま~す!笑

コチラの続きです。

ちきポンがいるので和室がベターな今のあざらし家。
動線を考えると岡山駅近くに泊まりたいのはやまやまだけど、なかなか難しい!!

となれば、出産前に温泉に入りたい
のが乙女心


※あざらしは群馬出身、温泉LOVE



ちなみに相方はひるぜん焼きそばが食べたい
って言ってたけど、
寒波
とか来ちゃったら雪の影響をモロに受けそうだから却下!
※実際に寒波到来
山陰は大変だったようだし、山陽でも峠は規制が掛かっていました


ま、蒜山はどうせなら花の季節に行きたいし

てな訳で、なるべく雪の影響が少なそうなエリアに宿を取りましたよ


それは湯郷温泉だ~!!
金曜だし楽勝で宿が取れるデショ!と思ったら、リーズナブルな宿だと空室が少なくて焦りました(´-∀-`;)

あざらしがチョイスしたのは清次郎の湯 ゆのごう館


料理に定評があるお宿で、今回はじゃらんnet
【8大特典】新しいママへ…マタニティプラン!(貸切風呂・無料特典)を利用。
大人2名・幼児1名(食事あり・布団なし)で予約し、朝夕食付¥29808/3人でした。

が、あざらしの胃袋はチョット微妙な状況だったので、前日に電話で幼児(食事・布団なし)に変更
という訳で、ついでに1000ポイント利用して¥26000/3人となりました


さて、このマタニティプランのイイところ

貸切露天風呂・無料サービス、個室食事処を優先予約、前日までキャンセル料無料ってこと!
その他にも抱き枕、冷え防止に足袋、エチケット袋が用意されていました。
何て良心的なんデショ


10畳以上の広々とした純和室でした

やはり3人ともなると、この位の広さがイイ


お食事は個室で





食事に定評のある宿だけあって、夕食は特にグ~でしたね






フグちり鍋~




ちきポンにこの和牛、奪い取られました。笑


20分程掛けて炊かれたカニ飯も美味しいです
ま、ほとんど相方の胃袋に消えましたが!!笑




到着が19時近かったので、イイ時間の貸切風呂の予約は無理でした
よって、しばし部屋で休憩


貸切風呂は22時予約で、露天だったので超寒かったけど…

こんな時でないと、あざらしはちきポンとお風呂に入ることはナイので…何としても入りたかったのです

モチのロンで写真はありませんが、あざらしは超満足デス



男衆が寝静まった後

あざらしは1人で大浴場に行き、1人でのんび~~~りしてきました



朝食はごくフツー


…ではなかった!笑


お好きなだけ野菜をしゃぶしゃぶしなさい




いや~野菜不足に陥らないで済むなんて…そうそうないですわ

野菜だけ食べる妊婦あざらしでした。笑

旅館でチェックアウト前に湯郷温泉ならではのお土産をGETし、個人的には超満足


それでは2日目の予定をこなしていきまショ~~




只今、ブログ村に参加中です(。・ω・。)ノ♡


大方の予想通り、スイーツ部門で健闘中!
皆様のポチ、待ってま~す!笑

臨月前に家族3人で最後の旅行をしよう
と相方に持ち掛けたのは12月中旬のことでした


相方の返事は、金曜~土・日曜であればO.K.
 

その時の構想は1泊2日、
「観光をしつつ未訪動物園水族館に行く@岡山 or 「食い倒れつつ未既訪動物園水族館に行く@神戸」
で、実はどちらのるるぶも買ったんです



年末年始を挟むので、行けるのは1月下旬~2月上旬だろうと狙いを絞ったところ、
保育園の行事に阻まれて、候補は2/10~の2,3日間しかないと判明(´-∀-`;)
さすがにそれは想定外…
ま、仕方あるまい


相方に予算度外視でもいいかしら
と打診したところ、勝手にしてチョ
とのお返事。
しかも、相方から、YOU、2泊3日で神戸も行っちゃえば?ってさ!
マジで!!?なら、そうする~~



ま、宿やら天気やら、諸事情で直前に旅程を入れ替えたり色々ありましたが、それはまた後ほど

とりあえず旅の本編をちまちまUpしていきま~す




【1日目】
朝ラッシュが終わりつつある時間帯に最寄り駅を出発




この旅、初めの行先は岡山

荷物を持って、仔あざらし改め、ちきポン連れての電車乗り換えは非っっ常に面倒!
…という訳で、静岡9時11分発、ひかり463号・岡山行
で、乗り換えることなく岡山へ

※のぞみに乗り換えても30分程度しか変わらなかったので!


到着後、岡山駅にて腹ごしらえをしてからレンタカーを借り、寄り道しつつ向かった先は


渋川マリン水族館!!
これは愛称らしい
市立玉野海洋博物館という名前の方がしっくりくるかも…(。´・ω・)?

瀬戸内海国立公園、渋川海岸にある小さな水族館です。

あざらし、岡山にはツアーで倉敷、あとは途中下車で後楽園&岡山城しか行ったことありません!
という訳で、コチラの水族館はお初でゴザイマス


入館料¥500
、お安い!さすが市立( *´艸`)
※帰宅後に気付いたのですが、玉野市観光協会HPから割引券がダウンロード可能で、¥400になります

ちなみに駐車場は専用ではなく海水浴場のものを利用。なので、海開き期間だけ有料です



この地図を見ればお分かりかと思いますが、かなり小さな水族館で、


地元の漁師さんが提供した瀬戸内海の魚がいるふれあいプール、


ウミガメ、


アザラシ、



オットセイは屋外、それ以外が館内となります。


館内入口にある大水槽。…と言ってもかなり小さめなんですが、








ココ、ビックリなことにレモンザメがいました







これにはあざらしも相方もビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
中にはレモンザメに咬まれたものの奇跡の生還を遂げたロウニンアジがいたり…


※レモンザメは獰猛なサメとして有名です



大水槽の側には深い海の生き物たちという小さな水槽があったり…



我が家のちきポンはこういう水槽にもしっかり食い付きますよ



大水槽以外は小さな水槽がメインとなります。
まずは暖かい海の生き物から見ましょうか





あざらしは変顔クンが好きなので、ミノカサゴやハナミノカサゴは大好物です




確か、センネンダイの幼魚かな(。´・ω・)?










やっぱり熱帯魚の類って、写真映えするから、ついつい撮っちゃうんですよねぇ…







でも、ちきポンはカラフルな熱帯魚だから見てるって訳でもナイんですよ。
うん、それでイイ!順調
順調





変顔と言えば、やっぱりコヤツ等ですな



今まで紹介してた暖かい海の水槽はこんな感じだったのです。
ね、各水槽とも小さいデショ~!


相方がいる辺りから奥が、瀬戸内の海や冷たい海の生き物の方

ちきポンは、この館内を縦横無尽に走り回っていました


アヤメエビスに、


ユカタハタ

熱帯じゃなくてもカラフルな魚はいるもんです。




イカナゴ……
関東ではコウナゴですね。
以前姫路の水族館に行きましたが、姫路を含む播磨地区ではイカナゴはくぎ煮に…
玉野を含む瀬戸内海東岸でも佃煮に…

あざらし、イカナゴ大好き~~















シロギスにサッパ。
サッパ=ままかり!!いやはや、岡山の郷土料理がココに…笑



一通り見終わったので、入口の大水槽に戻り、今度は展示室の方へ。

貝が沢山展示してあったり…


魚の剥製なんてのもありました。
いいなぁ~これ欲しいな…作ってみたいな…


船の模型もあり…


これはイカナゴの手曳網漁の模型ですね。


非っっ常に地味だけど、小さいながらも楽しめる水族館でした。


ちきポンが「お魚食べたいねぇ…」と水槽の前で何度も呟いていたのが印象的でした。
育て方は間違っていない
と確信した瞬間でした



それにしても風が強くて寒かったぁ~~~!!
瀬戸内海に面した玉野では雪は降らないものの、
寒波の影響はバッチリありました






只今、ブログ村に参加中です(。・ω・。)ノ♡

 

大方の予想通り、スイーツ部門で健闘中!
皆様のポチ、待ってま~す!笑


yahoo旅日記の再編集( ..)φ
コチラの続きです。岡山編なので、書庫は中国地方に移動。


小豆島・土庄港からフェリーに乗ること1時間10分。新倉敷港に到着!
向かった場所は倉敷美観地区
実はこの旅行で初めて知った美観地区という呼称。
関東生まれの関東育ち、大学も関東~東北、勤務先が関東…ときたら正直関西以西の知識はかなり乏しいです。。。だって親戚もほとんどが関東在住だし、大学時代の友人も関東出身が多いし。
勤務先に岡山出身、また岡山大学出身の先輩達がいたので、旅行前に見所を聞いてみたところ、「う~ん…毎日生活していたから見所を気にしたことがない!」との回答。参考にならなかったので、とりあえず美観地区は2度目、という友人Hちゃんにお任せしました。

ひとまず倉敷美観地区とは

倉敷市にある国選定の保存地区で、正式名称は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区
代表的な建築物としては『大原邸』『大原家別邸 有隣荘』『倉敷アイビースクエア』等々。地区内ではやはり『大原美術館』が一番有名ではないでしょうか??
Hちゃん曰く「自由時間1時間半だと大原美術館見学だけで終了しちゃうけど、美術館は入らず散策するのなら結構回れるはず。」とな。ほほぅ。
じゃ、散策で





ちなみに倉敷は江戸幕府の直轄領だった地。
他に直轄領だった著名な観光地としては飛騨高山、石見銀山、日田、佐渡等々。商業、貿易、地下資源、軍事的に重要な地は幕府が直接支配することが多かったことを考えると倉敷って当時の日本にとって重要だったって訳ですな。


では、とりあえず散策しましょう


まずはやっぱり日本初の西洋美術館・大原美術館でしょ!って時間の都合上見学しませんが

この美術館は、昭和初期に倉敷を拠点に活躍した実業家大原孫三郎が私財を投じて建設した、私立としては日本最大のコレクションを誇る美の殿堂!どうせならユックリ見たいので、いつかあらためて訪れたいと思います。


一応ここも撮影、国指定重要文化財・大原邸

大原家は倉敷紡績(クラボウ)を営む等々した倉敷の大地主。
前述の孫三郎は社会福祉事業にも興味を示し、工場内に小学校を設立したり、現岡山大学資源生物科学研究所の前身となる農業研究所を設立したり、奨学金制度を整備したり、さらには現中国電力を設立したり…大原財閥を築きあげました。
この大原家の教育面での功績を知り、何故、岡山大学(国立大学法人)のレベルが高いのか、分かった気がしました(文系は知りませんが、理系は間違いなくレベルが高いです)。


で、大原邸から歩くこと数分、こちらも重文・井上家住宅

倉敷市に現存する建物の中で最も古い築300年近い大型の町屋です。日曜には時間限定ではありますが、一般公開されているようですよ。


倉敷、実は川下りもあります。



川下り好きなあざらし、次回訪れる際には是非とも挑戦したいです。


こちらは倉敷考古館で、


こちらが倉敷館(観光案内所)。

考古館は時間があれば見学したかったのですが、今回は断念。ちなみに正面の外観だけでなく、貼り瓦の壁も観光スポットだとか。そして倉敷館では川下りのチケットが売っているそうな。ふむふむ、覚えておこう。


で、こんな街並みです。







何だか川越を思い出しました。川越の方がゴチャゴチャしてるけど


お腹が空いたのでちくわを購入




実はお昼はフェリー内で¥500のわかめうどんを食べたのみ。讃岐うどんは美味しいけど、消化が早くて(…と言い訳してみる
)。
このお店でちくわを買った訳ではなくベンチの目の前がこのお店だっただけです。実際はこの隣のお店で購入!ほかにもご当地サイダーとか地ビールとかあったのですが、今回は購入せず。


とりあえずブラブラしながら倉敷アイビースクエアに行ってみました!
コチラは倉紡記念館。


児島虎次郎記念館。


オルゴールミュゼ・メタセコイヤ。


とにかく時間がないので記念館とか見てる暇がなくて、やっぱりいつか1泊してユックリ見なきゃいけないです。とりあえず外観のみ撮影




アイビースクエア内は赤レンガの建物に蔦が絡みまくっているという印象。とにかく蔦、蔦!


もう一度美観地区の中心へ。
最後はご当地アイスで〆!それはまた別書庫で


ここからは友人のお土産購入のお付き合いでその手の店を見つけてはブラブラ


コチラも併せて別書庫で紹介しようかな



自由散策時間1時間半をそれなりに堪能。倉敷をあとにし、本日の宿泊地・姫路へ移動


さすがに疲れて爆睡し、気付いたら姫路市内でした。
本日のホテルは姫路駅近くのビジネスホテル。夜はオプションで夜ご飯が付けられたのですが、ホテルのフロントでお勧めのお店を聞き、姫路名物・アナゴ料理を食べることに…。
この当時、姫路の名産=アナゴ、ということを全く知りませんでした。播磨灘は全国有数のアナゴの名産地ってこと自体知らなかったので…。

タクシーで姫路城方面に移動し、家庭割烹 杉本へ。古い大衆食堂という感じのお店です。ここで、でんすけ丼を注文。

播州地方では通常の3~5倍の大きさのマアナゴの♀を「でんすけ」と呼んでいるのだとか。知らないことだらけだわ
お味の方ですが、美味しかったです。


ところで注文してから料理が出てくる間、1人で、しかも超ダッシュで姫路城の夜間ライトアップを撮影しに行ってみました。(1人で…なのは、友人が小豆島で風邪を引いたようで、「体調が悪くて撮影に行く元気がない」と断られたから…。1.5km程度の距離をタクシーで出掛けたのもこのためです。)

この通りですよ…

この時、初めて三脚の必要性を強く感じたあざらしは、帰宅翌日に新しいデジカメとともに三脚を購入したのでした


さぁ、今夜はしっかり寝て最終日の姫路城に備えるぞ~

あざらし2号

Author:あざらし2号
FC2ブログへようこそ!